2011年2月17日

[mysql 15515] Re: Innodbのデータファイル構成について

とみた様

ご回答いただきましてありがとうございます。

> あまり詳しくないのですけど、毎回データベース領域全体から検索するわけで
> はないので、あまり気にしなくてもいいと思います。
>

私も、当初はそう考えておりましたが実際使わなくてもデータを格納してい
る領域のデータファイルの更新日時が更新されているのをみて、なぜ関係な
いであろう更新データファイルまで日時がかわっているのかと不安になって
きまして・・

> innodb_file_per_table の方が速くなるという話もどっかで聞いたことがある
> ような気がします。うろ覚えですが…。
>

情報ありがとうございます。
ドキュメントなどを確認をしてみます。
単純な利点欠点がわかる比較表があれば、検討しやすくなりますし。

> 個人的には、innodb_file_per_table のメリットは大量のレコードを削除した
> り、テーブルを破棄した時にディスク領域が解放されるってことだと思ってま
> す。
>
こちらも大きいので、innodb_file_per_tableを検討します。

ありがとうございました。


(2011/02/16 22:02), とみたまさひろ wrote:
> とみたです。
>
> On Tue, 15 Feb 2011 20:10:23 +0900
> Tsuyoshi Nukii<nukii@xxxxx> wrote:
>
>> 現状、innodb_data_file_pathで100Gのファイルを20ファイル用意した上
>> で、利用しているのですがこの場合Innodbから更新データを探す場合に
>> 検索対象の領域が多くなり、レスポンスが悪くなったりしないのだろうか
>> という疑問があります。
>
> あまり詳しくないのですけど、毎回データベース領域全体から検索するわけで
> はないので、あまり気にしなくてもいいと思います。
>
>> innodb_file_per_table設定で、テーブル毎にファイルが作成されること
>> ことになると聞いていますが、この場合関連するデータのみが対象となる
>> ため実際の操作に関して、ロスが少なくなるのではないか?とも考え皆様
>> にご意見をいただければと考えています。
>
> innodb_file_per_table の方が速くなるという話もどっかで聞いたことがある
> ような気がします。うろ覚えですが…。
>
> 個人的には、innodb_file_per_table のメリットは大量のレコードを削除した
> り、テーブルを破棄した時にディスク領域が解放されるってことだと思ってま
> す。
>


--
株式会社 ベストリザーブ
貫井 剛 (ぬきい つよし)

mailto:nukii@xxxxx
URL http://www.bestrsv.com
TEL:06-6253-3800
FAX:06-6253-3801


投稿者 xml-rpc : 2011年2月17日 10:23
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/102057
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。