2011年2月15日

[mysql 15512] Innodbのデータファイル構成について

貫井(ぬきい)と申します。

MySQLで大容量のデータを利用する場合で、スピードの観点から疑問があ
りメールさせていただいております。

環境
OS :RHEL 4.4 (x86_64)
MySQL :MySQL 5.1.48( 64 Bit版) => MySQL 5.5.9( 64 Bit版)

データ容量:2TByte

現状、innodb_data_file_pathで100Gのファイルを20ファイル用意した上
で、利用しているのですがこの場合Innodbから更新データを探す場合に
検索対象の領域が多くなり、レスポンスが悪くなったりしないのだろうか
という疑問があります。

innodb_file_per_table設定で、テーブル毎にファイルが作成されること
ことになると聞いていますが、この場合関連するデータのみが対象となる
ため実際の操作に関して、ロスが少なくなるのではないか?とも考え皆様
にご意見をいただければと考えています。

テーブル総数は、300〜500程度くらいですが、実際に常時利用する
のが20〜80程度しか無い状況で、残りはごくまれに特殊処理もしくは
過去の累積データであるという状況です。

検索、追加、更新のみでデータの削除は基本的に存在しない処理です。


検索、追加、更新毎に利点欠点等々あるのではないかとは思いますが、ご
意見をお聞かせ願えればと考えております。

以上、宜しくお願いします。

--
貫井 剛 (ぬきい つよし)

mailto:nukii@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2011年2月15日 20:10
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/102032
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。