2011年2月15日

[mysql 15506] Re: [mysql 15504] レプリケーションの遅延対策について

増田と申します。
マスターのdumpを取る際に、flush-logsオプションでバイナリログの更新を行い、
その後マスターの最新以外のバイナリログをpurge removeして、
レプリケーションをはったらどうでしょうか。

増田

iPadから送信


On 2011/02/14, at 20:47, Tsuyoshi Nukii <nukii@xxxxx> wrote:

> 貫井(ぬきい)と申します。
>
> MySQLのレプリケーション環境で稼動しているサーバのスレーブサーバが
> HDD障害を起こしたので、HDDの交換をおこなって再レプリケーションを
> 行ったところ、レプリケーションの遅延が発生してこまっております。
>
> 再レプリケーションは、
> 1.マスターを停止
> 2.データファイルのコピー
> 3.スレーブサーバにレプリケーションの指定
> 4.レプリケーション開始
> といったオーソドックスな手法で行っています。
>
>
> 今回、HDDの交換だけではなく、どうせ環境を作りなおすならと欲張って
> しまい、MySQL5.5.9にバージョンアップを行っていることもあり、問題
> 点の切り分けすらできていない状況です。
>
> 問題の切り分け、解決に向けてのアドバイスがいただければとおもい
> メールさせていただいております。
>
> 環境
> マスタサーバ
> OS :RHEL 4.4 (x86_64)
> MySQL:MySQL 5.1.48( 64 Bit版) => MySQL 5.5.9( 64 Bit版)
>
> スレーブサーバ
> OS :RHEL 4.4 (x86_64)
> MySQL:MySQL 5.1.48( 64 Bit版) => MySQL 5.5.9( 64 Bit版)
>
> ・レプリケーションは、行 ベース レプリケーションで行っています。
> ・各サーバ間は、専用のGBitネットワークです。
>
>
> HDD障害が発生するまでは若干の遅延が発生することがあっても、時間単
> 位の遅延が発生することがなかった状況です。
>
> 両サーバとも、バージョンアップとレプリケーション自体は正常稼動し
> ており、レプリケーションのログもスレーブサーバ側に届いていますが
> スレーブサーバへの書込みが追いついていないように見えます。
>
> 設定等につきましては、取り立てて変更はしておらずInnoDbプラグイン
> を使用するため、以下の設定を追加した程度です。
>
> innodb_io_capacity=500
> innodb_read_io_threads=8
> innodb_write_io_threads=8
>
>
> もともと、マスターに書き込んでいるデータ量が大量であるためマスタを
> 分割することも検討中ですが、ハードの手配等々で手間取っており現状の
> 解決策とはなっておりません。
>
>
> 基本的な問題点に気づいていない可能性もありますので、何かお気づきの
> 点がございましたら、アドバイスいただけますようお願いします。
>
> 以上
> --
> 貫井 剛 (ぬきい つよし)
>
> mailto:nukii@xxxxx
>

投稿者 xml-rpc : 2011年2月15日 00:59
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101989
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。