2010年9月29日

[mysql 15405] groongaストレージエンジン 0.2をテストリリースしました。

末永です。

MySQL 5.1(以降)で利用可能な、全文検索可能なストレージエンジン、
groongaストレージエンジンについて、
[mysql 15373]でテストリリースを告知させていただきました。

導入が簡単になり、バイナリログを出力できるようになった、
groongaストレージエンジン 0.2を公開させていただきましたので、

また告知させていただきます。

●0.2 リリース

改良
* packages.groonga.orgでのバイナリパッケージ配布開始。aptitude/yumによ
るインストールが可能に。
* バイナリログの出力に対応。

変更
* 共有ライブラリの名前を”libgroonga_storage_engine.so”か
ら”ha_groonga.so”に変更。
* configureオプションの --with-mysql および --libdir を削除。
* configureオプションの --with-mysql-source および --with-mysql-config
を追加。

修正
* ヘッダファイルのincludeパスを修正。
* “SHOW CREATE TABLE”に出力されるENGINE名を修正。

感謝
* とみたまさひろさん

まだ、テストリリースですので、地雷覚悟です :-)

次月末のリリースにて、各種の高速化や安定化を図っていきます。
http://redmine.groonga.org/versions/show/15
---
Tasuku SUENAGA <a@xxxxx>
(有)未来検索ブラジル


投稿者 xml-rpc : 2010年9月29日 19:16
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/98706
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。