2010年8月18日

[mysql 15373] Tritonnの後継である、groongaストレージエンジンをテストリリースしました

末永です。

MySQL 5.1で利用可能な、全文検索可能なストレージエンジン、
groongaストレージエンジンをテストリリースしました。
テストリリースですので、地雷覚悟です :-)

ドキュメント
http://mroonga.github.com/

ダウンロード
http://github.com/mroonga/mroonga/downloads

groongaストレージエンジンとは、全文検索エンジンであるgroongaをベースとし
たMySQLのストレージエンジンです。Tritonnの後継プロジェクトとなります。

MySQLのプラグインとして動作
---------------------------
groongaストレージエンジンはPluggable Storage Engineインタフェースを利用
した独立したプログラム(共有ライブラリ)であるため、MySQLの公式バイナリに
手を加えずにプラグインとして動的にロードして利用することが可能となってい
ます。これによりTritonnよりもさらに手軽に利用できるようになりました。

更新性能の向上
--------------
Sennaと比較するとgroongaではインデックス追加/更新時のスループットが大幅
に改善されています。

groongaストレージエンジンでもこの更新性能の向上の恩恵を受けています。

検索性能の向上
--------------
TritonnではMyISAMストレージエンジンを利用していたため、データ更新(イン
デックス更新)が発生するとテーブル全体に排他ロックがかかり、検索処理が阻
害される問題がありました。

groongaストレージエンジンではこの問題がなくなり(参照ロックフリー)検索性
能も向上しています。

groongaストレージファイル経由でのシステム連携
-----------------------------------------------
groongaストレージエンジンではgroongaのDB APIを使用してデータの格納を行っ
ています。この時作成されるストレージファイルはgroonga単体でデータ管理を
行う場合と同じフォーマットとなります。つまり以下のような使い方も可能とな
ります。

* groongaストレージエンジン(MySQL)経由で格納したデータをgroongaサーバ(単
体)の高度な検索機能を利用して検索
* groongaサーバ(単体)経由で格納したデータをgroongaストレージエンジン
(MySQL)経由で参照

またgroongaのストレージファイルは複数プロセスや複数スレッドで共有するこ
とができますので、同じストレージファイルに対して複数パタンでの同時アクセ
スも可能です。

サポートしているプラットフォーム
--------------------------------
現在サポートしているプラットフォームは以下の通りです。

* Linux x86_64 (Intel64/AMD64)
--
末永 匡 <a@xxxxx>
(有)未来検索ブラジル


投稿者 xml-rpc : 2010年8月18日 20:47
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97802
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。