2010年8月17日

[mysql 15365] Re: 上手なお引っ越し

坂井です

「仮定のお話にはお答えすることはできません」と冗談で返したく
なるような質問ですが(笑)、面白そうなので考えてみました。

> HDDの容量や、CPUの性能アップなどの問題で、お引っ越
> しを余儀なくされたとします。

条件として
・あんまり派手な手間はかけたくない
・サービス停止は最小限にしたい(多少止まっても良い)
とすると、

(1)引っ越し先DBをスレーブとしたレプリケーションを構成
(2)引っ越し先にスクリプト等(httpも同サーバで動かしているんですよね?)
を設置して動作可能な状態にしておく
(3)旧サーバ停止。新サーバレプリケーション終了してマスタ化。DNS切替。
DNS切り替えのタイムラグ等で旧サーバに来た人のために、説明の文書
掲示がよさげ。(ここで旧サーバも稼働継続していて、そちらで更新
されちゃうのは最悪)

こんな感じかなぁと思います。

thank you
On Tue, 17 Aug 2010 11:44:55 +0900
遠藤 俊裕 <endo@xxxxx> wrote:
> 遠藤と申します。
>
> 皆様にご質問です。
>
> とあるDB(MySQL)を管理していたとします。
>
> HDDの容量や、CPUの性能アップなどの問題で、お引っ越
> しを余儀なくされたとします。
>
> 皆さんなら、どうしますか?
>
> もちろん、そのDBは稼働中で、おいそれと止めることは出来
> ません。
>
> DBのタイプも MyISAM もあれば、InnoDB もあります。
>
> ご意見頂ければ幸いです。
>
> --
> えんどう
> endo@xxxxx,endo@xxxxx
>

--
SAKAI Kei <sak2@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2010年8月17日 12:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97697
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。