2010年4月22日

[mysql 15283] Re: [mysql 15282] Re: ibdata1の初期値とメモリーの関係について

今井と申します。

1点確認させていただきたいのですが、MySQL のインストールは
rpm や yum などでのパッケージインストールでしょうか?
tar.gz などのソースからのインストールでしょうか?

記憶が確かなら、ソースからインストールする場合
MySQL 5.1.3 からはデフォルトでインストールされないように

なっていたかと思います。

./configure --with-plugins=innobase

を指定することにより、InnoDB を有効な状態でコンパイルできると思います。

以上、ご確認ください。


2010年4月22日16:50 関口一心 <8888.saleen.s7@xxxxx>:
> 平塚さん
>
> 関口です。
>
> アドバイス有難うございます。
>
> 前任者が設定を行っていたmy.cnf だったのでその他の設定値を良く見ずに設定をしてしまったせいで、
> そもそも
> innodb_buffer_pool + key_buffer + max_connections * (sort_buffer +
> read_buffer + read_rnd_buffer) + max_connections * 2 MB
> この値が2Gを大きく上回っていました。
> innodb_buffer_pool_size = 1536M
> この値では当然のようにNGでした。
>
> アドバイスをきっかけに見直すことが出来ました。
> 有難う御座います。
>
>
> 上記作業後、疑問が生まれました。
> innodb_buffer_pool + key_buffer + max_connections * (sort_buffer +
> read_buffer + read_rnd_buffer) + max_connections * 2 MB
> この値を2G以内に抑え、
> innodb_data_file_path = ibdata1:3G:autoextend
> にしてもInnoDBが有効にならない状態で起動してしまいます。
>
> この状態になるのは何故なのか?
> 私個人の疑問を晴らすために、皆様からのご回答をお待ちしています。
>
>
> 2010年4月22日12:27 HIRATSUKA Sadao <hiratsuka.sadao@xxxxx>:
>> ひらつかです。
>>
>> On Thu, 22 Apr 2010 11:37:08 +0900
>> 関口一心 <8888.saleen.s7@xxxxx> wrote:
>>
>>> 現在、linux、CentOS5.2(32ビット)、mysql5.1.35の構築を行っており、my.cnfの設定値で悩んでいます。
>>> innodb_data_file_path = ibdata1:2G:autoextend
>>> innodb_buffer_pool_size = 1536M
>>
>> 32ビット環境でinnodb_buffer_pool_size = 1536Mは厳しいと思います。
>> innodb_data_file_pathは2Gのままで、
>>
>> innodb_data_file_path = ibdata1:2G:autoextend
>> innodb_buffer_pool_size = 512M
>>
>> とするといかがでしょうか。
>>
>>> ibdata1の初期値と起動時に使用するメモリーは、
>>> どの様な依存関係にあるのかアドバイスが頂ければと思い投稿しました。
>>
>> ソースを読んで確認したわけではないですが、
>> あまり関係ないと思います。
>>
>> --
>> 平塚貞夫 hiratsuka.sadao@xxxxx
>>
>>
>>
>
>

投稿者 xml-rpc : 2010年4月22日 17:00
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/95272
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。