2009年5月22日

[mysql 14882] Re: カーネルパラメータについて

On 22/05/2009, at 4:16 PM, Takayuki Okada wrote:

> 奥野様
>
> ご丁寧なご回答、ありがとうございます。
> たいへん助かります。

※商用サポートはもっと少し丁寧ですよ ;)


> 現在の設定値は、下記のとおりでした。
>
> # echo rlim_fd_max/D | adb -k /dev/ksyms /dev/kmem
> physmem f7517
> rlim_fd_max:
> rlim_fd_max: 65536
> # echo rlim_fd_cur/D | adb -k /dev/ksyms /dev/kmem
> physmem f7517
> rlim_fd_cur:
> rlim_fd_cur: 256
> # echo segkpsize/D | adb -k /dev/ksyms /dev/kmem
> physmem f7517
> segkpsize:
> segkpsize: 0
> #
> #
> #
> #
> # grep open-files-limit /etc/my.cnf
> # allowed to at least 4096 in the variable "open-files-limit" in
> open-files-limit = 8192
>
> ということは、rlim_fd_*は問題ないと思ってよいものでしょうか?

はい、問題無いと思います。

> また、segkpsizeの現状値が、"0"となっているのが気になります。
> マニュアルではデフォルトが2Gとなってましたので。

マニュアルにも0がどういう意味を持つのか書かれていないですね。
Solarisのバージョンによるものかと思い、OpenSolarisでも調べてみましたが
0にはなってないです。

しかし、カーネルスレッド用のスタック領域がなくてシステムが動くわけはないので、
恐らく問題はないのだと思います。(別途Solaris側の調査が必要ですが。)
当面の対処としては、スレッドをたくさん作るプログラムを書いて、
特にエラーなどにならないことを確認すると良いと思います。

--
奥野 幹也
MySQLサポートエンジニア
サン・マイクロシステムズ株式会社
http://www-jp.mysql.com/

MySQLブログ集約サイト「Planet MySQL」日本語版オープン!
http://jp.planetmysql.org/

投稿者 xml-rpc : 2009年5月22日 17:27
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85273
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。