2009年5月 8日

[mysql 14838] Re: テーブルごとの合計を求めるには

渡辺です。
当初の問題とは離れていますが、自分も興味あるところです。
ますは、結局のところケースバイケースなので、どちらが良いという結論は出ない、という前提でw

色々なケースがあるかとは思いますが、
自分が関わっているアプリケーションの領域は業務アプリやWebアプリです。
近年は必然的になんらかのフレームワークを採用する流れになります。
ここ数年、SQLを生で書く機会はかなり減りました。

また、特定のベンダに依存するようなSQLも極力は書かずにという流れがあります。
そんな中で効率よくアプリを実装するとなると、SQLでやるよりもSQLは隠ぺいしてしまい集計処理などはロジックでやる方がベターという考え方に行きつきます。
基本はプログラム側で処理し、パフォーマンスが求められる所では、生SQLでしっかり書くという感じです。

プログラム側でやるメリットとしては、特にJavaなどはIDEのコード補完と静的なコンパイル時のチェックが強い点です。
SQLの難点として流してみなければ動くかどうか判断しにくい点かと。
SQLがスラスラとコード保管してくれるようなエディタも聞いたことありません。
※これは知っていたら教えてください。

とはいえ、データベースとSQLを学ぶという意味では、簡単な相関サブクエリ、UNIONなどは必修範囲であると思います。
実際に最近の開発現場では、悲しい事に「サブクエリ?」って開発者は多いです。
上記のような流れがあるので、考えたり学習する機会自体が減っているかと。

結論はどっちも出来ることが重要ということでw

--
================================
Shuji Watanabe (skypeId: shuji.w6e)
Blog:
http://d.hatena.ne.jp/shuji_w6e/
Labo:
http://www.deathmarch.jp/
Community:
http://www.sapporo-java.org/


投稿者 xml-rpc : 2009年5月 8日 10:00
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/84878
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。