2008年4月22日

[mysql 14452] Re: innodb 表領域管理についてです

樋口さん

ご回答ありがとうございます。鈴木です。

innodb_file_per_table オプションを指定することや

innodb_data_file_pathオプションへ
autoextendなどつけて、自動的に表領域を拡張させるのが

通常の使いかたなんですかね

バックアップ
(FLUSH TABLES WITH READ LOCK; + OSコマンド(rsync))
のことを考えると、初めから大きい表領域はつくりたくないのですが、

レスポンス的に、insertなどをする度にファイルが拡張されると
悪化するような気がしたので...

もう少し検討してみます。


Toshio HIGUCHI <higuchi_toshio@xxxxx> wrote:
樋口です。ML の皆様、お世話になっています。

鈴木さんの質問に対する直接的な答えではありませんが...

mysqld の innodb_file_per_table オプションを指定することにより
テーブルごとに Tablespace ファイルを作成できるようです。
テーブルのデータが増えると Tablespace も自動的に大きくなるようです。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.0/en/multiple-tablespaces.html

5.0 の日本語訳は無いようです。5.1を参考にしてください。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/multiple-tablespaces.html

なお、innodb_file_per_table を指定すると
OS で扱えるファイルサイズの上限までしか
Tablespace ファイルは大きくならないと思います。

よろしくお願いします。


mysql_kensho@xxxxx さんは書きました:
> 新規にMysqlでDB構築&運用を考えています、鈴木と申します。
>
> Mysqlの構築&運用は今回が初めてとなります。
> Innodbエンジンを使用した表領域管理ですが、
> 最初は6GBから初めて
> innodb_data_file_path=ibdata1:2000M;ibdata2:2000M;ibdata3:2000M;
> DBを停止せずに
> データ容量が増える度に、データファイルを2GB毎
> 追加することは可能でしょうか?
>
> なお、私の環境は以下の通りです。
> (Mysqlサーバ)
> ・Red Hat Enterprise Linux ES 3
> ・mysql-5.0.51a
>
>
>
> ---------------------------------
> GANBARE! NIPPON! Win your ticket to Olympic Games 2008.
>


--
株式会社インテックシステム研究所
INTEC Systems Institute, Inc.
樋口 俊夫
電話 : 03-5665-5141
FAX : 03-5665-5004
E-mail: higuchi_toshio@xxxxx
(社名およびメールアドレスが変更になりました)


---------------------------------
GANBARE! NIPPON! Win your ticket to Olympic Games 2008.

投稿者 xml-rpc : 2008年4月22日 14:47
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/73889
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。