2008年2月 1日

[mysql 14360] Re: Developers Summit 2008 (デブサミ2008)開催

堤井です。

あと2週間に迫って来ました。
まだ申し込んでない方は急いでどうぞ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   技術者コミュニティとの連携から生まれた総合ITコンファレンス

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ◆    Developers Summit 2008(デブサミ2008)     ◆
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         2008年2月13日(水)・14日(木)開催!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆開催まで1ヶ月をきりました!◇◆◆◇◆◇◆◇◆

Developers Summit 2008の開催まで、いよいよ開催まで1ヶ月をきりました。
今回はコンテンツ委員の鈴木さんのお勧めセッションをご紹介しながら注目
のセッションなどをご紹介いたします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・
  ◆名 称:Developers Summit 2008 (デブサミ2008)
  ◆会 期:2008年2月13日(水)・14日(木)
  ◆会 場:目黒雅叙園(東京・目黒)
  ◆主 催:株式会社 翔泳社
 ・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼無料の70セッションは完全事前登録制!お申込はこちら▼
  http://codezine.jp/devsumi/2008/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ 今週の注目セッション ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【13-D-4】2/13 14:20〜15:05
「VB資産のCurlマイグレーション」
http://wb.pbz.jp/r01/UUIccnUiY72VMIVAKPa7Dw/SGeaZe3IjCYwRZdD2lAZwA/

◎あの「きしだなおき」さんが、デブサミ初登場!
  VB資産をきしださんがどう料理されるのか、体験しましょう!

◆【14-A-5】2/14 15:25〜16:15
「ネオ・ナレッジマネジメント論-ネットワーク上のプラットフォームを
活用した新しいコラボレーション形態を探る」
http://wb.pbz.jp/r01/Yym.bUSzjlwN04rehc0mhw/SGeaZe3IjCYwRZdD2lAZwA/

◎ニコニコ動画の溝口さんと吉川さん、初音ミクの鈴木さんと吉川さんの2つの
 対談が楽しめます!

◆【14-E-6】2/14 16:35〜17:20
「なぜアメリカのトップゲームメーカーはソフトウェア高速構成管理ツール
"Perforce"を選択するのか?」
http://wb.pbz.jp/r01/ALf9.748vuoezdnXqUUOIA/SGeaZe3IjCYwRZdD2lAZwA/

◎今週タイトルが決定しました!アメリカのゲームのプロジェクトマネジメントの
 現場を体験しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ コンテンツ委員の鈴木雄介さんからのお勧めのセッション ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※鈴木さんのblogのエントリーから引用させていただきました。
  http://www.arclamp.jp/

◆【13-C-7】2/13 17:40〜19:00
「アーキテクチャクロニカル」

IBMの榊原さん、ユニシスの牧野さんと、モデレーターは僕でお送りする、
アーキテクチャの本質をひも解くための90分。アーキテクチャを無目的に
適用していないか?いつの時代にも課題があり、制約があり、それらを
克服するためにアーキテクチャが作られてきました。クロニクル(年代記)
として、各時代における課題、制約を整理しながら、先人が作り上げた
アーキテクチャの意味を見ていきます。セッションはこれだけで終わりま
せん。では、今の時代に我々が直面している課題とは何か、制約とは何か。
インターネット後に激震とともに変化した課題や制約。実は10年前にベスト
プラクティスといわれていたアーキテクチャの大半が見直されなくてはい
けません。はっきり言いましょう。僕らが習ったアーキテクチャは、全て
見直されなくてはいけないのです。今の時代の課題と制約を改めてあぶり
だし、僕らがこれからのアーキテクチャを考えなくてはいけないのです。
前半のクロニクルは、そのための序章に過ぎません。
前半は希代のアーキテクト二人がひも解く過去のアーキテクチャの意味
(でもね、これだけでも面白い)。そして、後半は「いまのアーキテクチャ
に求められることは何か」を真剣に考えていきます。夕方以降のセッション
なので緩めの雰囲気にはなると思いますし、会場の方ともコミュニケーション
をとりながら進めていきたいと思います。

◆【14-C-3】2/14 13:10〜14:00
「鳥の目、虫の目〜地表へのアプローチ」

ランドスケープデザイナーの石川初さんにお願いして、地表を読み解くための
様々な視点を紹介していただきます。アーキテクトの素養で重要なのは「視点」
です。目の前で起きていること(虫の目)だけに捕らわれず、俯瞰した本質的
な視点(鳥の目)を獲得できるか。あるいは、俯瞰した視点(鳥の目)だけに
とらわれて、目の前の体験(虫の目)を無視していないか。そのバランスをどう
見つけるか。
システム業界に置き換えましょう。「バグの原因をエンジニアに求めてしまい、
プロジェクトの構造的な欠陥を見つけられない」、あるいは「スケジュールの
算数に終始して、現場で起きている問題を無視する」。こういったことは虫の
目と鳥の目をきちんと使い分けられていないということです。実は皆さんが
日々経験している地表においても、実は見えていないことが多い。なぜ渋谷の
銀座線は2階にあるのか。上水と下水の形は何に似ているか、東京の湾岸にある
ある謎の丘とは。石川さんが見つけた様々な虫の目と鳥の目によって必ずや
新しい発見があることでしょう。もちろん話はめちゃくちゃ面白い(石川さん
はタモリ倶楽部にも出演されたりしています)。でも、それだけではなくて、
そこにある考え方はアーキテクトの本質を付いています。まずセッションは心
から楽しんで。そして振り返って、心して自分が見えていなかったことがない
か考えてもらいたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ 見逃せない!注目セッション ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==========================================================================
●TPSに学びアジャイルを実践する「開発プロセス」
http://wb.pbz.jp/r01/-MzTTdr0kgsw2VIrd98A0A/SGeaZe3IjCYwRZdD2lAZwA/
==========================================================================
◆【13-A-2】2/13 11:10〜11:55
「Seasar2のシステム連携にオープンソースESBを使う Seasar2+Mule」
◆【13-A-3】2/13 13:10〜14:00
「新車開発"巨大プロジェクト"マネジメント」
◆【13-A-4】2/13 14:20〜15:05
「適材適所なデータベース・コラボレーション?
普通のRDBMSとFileMakerの両方を同時に使う?」

==========================================================================
●ソフトウェアの将来を展望するための「これからのアーキテクチャ」
http://wb.pbz.jp/r01/RRD.v96k6MQ4.VPqJaFMZg/SGeaZe3IjCYwRZdD2lAZwA/
==========================================================================
◆【13-C-1】2/13 10:00〜10:50
「さがす」こととは、そしてより良く「さがす」方法を考える
◆【13-E-2】2/13 11:10〜11:55
「今、開発者は何をすべきか?変化に対応し続けるシステム開発のヒント
〜大規模企業システム開発の現場から」
◆【13-C-7】2/13 17:40〜19:00
「アーキテクチャクロニカル」
◆【14-C-1】2/14 10:00〜10:50
「ロボットで分かった、人の構造が動きを導く」
◆【14-C-3】2/14 13:10〜14:00
「鳥の目、虫の目 〜地表へのアプローチ」
◆【14-C-4】2/14 14:20〜15:05
「Inside JavaVM 〜安定したシステム構築のための勘所〜」
◆【14-C-5】2/14 15:25〜16:15
「システム統合技術の現在を知る
〜メッセージングからEAI、そしてESBの適用パターン」

==========================================================================
●日本の技術を世界に、世界の最先端を日本にするための「SaaS Development」
http://wb.pbz.jp/r01/XYwICx7VCctJvQrrrWRN9w/SGeaZe3IjCYwRZdD2lAZwA/
===========================================================================
◆【14-A-1】2/14 10:00〜10:50
「日本発、世界に通じるディベロップメント」
◆【14-A-3】2/14 13:10〜14:00
「世界一のインターネットサービス企業になるために、楽天がやりはじめたこと」

==========================================================================
●仕事の醍醐味を味わうための「プロジェクトマネジメント」
http://wb.pbz.jp/r01/ExdEACrjUC61dfCMvIw3cg/SGeaZe3IjCYwRZdD2lAZwA/
==========================================================================
◆【14-E-6】2/14 16:35〜17:20
「なぜアメリカのトップゲームメーカーはソフトウェア高速構成管理ツール
"Perforce"を選択するのか?」
◆【14-E-7】2/14 17:40〜19:00
「プロジェクトの成功を目指して〜笑力の創出と活用」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ デブサミ2008 特別セミナー(有料) ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プロジェクトマネジメントの世界標準である、PMBOKガイド第3版を基に、現場
実務に適応できる基礎的なスキルを習得する2日間コース。今回もデブサミ特別
価格にて開催!

 ■参加者特典:14PDU or 14 時間分の学習証明書を発行いたします。

「プロジェクトマネジメント 2日間セミナー(PMBOK第三版概要)」
株式会社タリアセンコンサルティング 青柳 次男 氏

▼本セミナーの詳細・お申込はこちら
http://codezine.jp/devsumi/2008/kouza/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ デブサミ2008 オフィシャルコミュニティ ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アイネタジャパン/アジャイルプロセス協議会/eパウダ〜/WINGSプロジェクト
SQL Serverユーザーグループ/XML技術者育成推進委員会/XMLコンソーシアム
O-one/オブジェクト倶楽部/組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会
codeseek/こみゅぷらす/JASIPA/JUDEユーザーズコミュニティ
情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループ
XOOPS Cubeデブサミ委員会/Squeak-ja/WRO Japan実行委員会
dev2devデベロッパグループ/.Net ユーザーエクスペリエンス研究所
TOPPERSプロジェクト/日本Apache Geronimoユーザグループ
日本XPユーザーグループ/日本OpenSolarisユーザグループ
日本 Java ユーザグループ/日本Springユーザ会(JSUG)
日本Pythonユーザ会/日本PHPユーザ会/日本PostgreSQLユーザ会
日本MySQLユーザ会/日本UNIXユーザ会/日本Linux協会/日本Rubyの会
PMI東京支部/Visual Studioユーザーグループ/Firebird日本ユーザー会
Flex User Group/プロジェクト・ファシリテーション・プロジェクト
プロジェクトマネジメント学会/UMLモデリング推進協議会
要求開発アライアンス/Linuxコンソーシアム/Ruby ビジネスコモンズ
wipse/わんくま同盟
※50音順(1月24日現在)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ デブサミ2008 スポンサー ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アイエニウェア・ソリューションズ(株)/アジターソフトウェアジャパン(株)
アドビシステムズ (株)/インフラジスティックス・ジャパン(株)
(株)ウェブキャリア/エンピレックス(株)/(株)オージス総研
(株)カール/技研商事インターナショナル(株)
Career Laboratory事業部(テクノブレーン(株))/グレープシティ(株)
ケン・システムコンサルティング(株)/(株)コンポーネントソース
サン・マイクロシステムズ(株)/(株)ジャストシステム
(株)セールスフォース・ドットコム/ソニー(株)/(株)タリアセンコンサ
ルティング
テクマトリックス(株)/(株)東陽テクニカ/日本アイ・ビー・エム(株)
日本ネクサウェブ(株)/(株)野村総合研究所 /(株)日立製作所
ファイルメーカー(株)/(株)プロトン/ボーランド(株)CodeGear事業本部
マイクロソフト(株)
※50音順(1月24日現在)

==========================================================================
●最新情報・参加登録はこちら ⇒ http://codezine.jp/devsumi/2008/
==========================================================================


投稿者 xml-rpc : 2008年2月 1日 19:02
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69349
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。