2006年4月 3日

[mysql 12910] Re: バイナリログからのデータの復旧

ご意見ありがとうございます。

サービス自体の開発速度を高めるために、自由度は高くしておきたいのです。
しかし、自由度を高めると、ヒューマンエラーが起こりやすくはなります。
(テストデータを消そうとして、WHERE句を入れ忘れたUPDATEコマンドを
 実行して、テーブル内のデータを全て消してしまったりとか、、、。)

そこで、ヒューマンエラーは常に起こることを前提に、エラーが起こったときに

戻せる仕組みを作るという方法をとることにしています。

開発速度とのバーターなんですよね。

> ログとダンプの組み合わせ使用は経験値ゼロなので役立たず、失礼しました。

こちらも、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご意見をいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

06/04/03 に F.Y さんは書きました:
> 無意味な茶々です。
>
> > 誤ってデータを消してしまったなどの障害が起きた場合に、
>
> 「誤って消し」たのなら「障害」ではないのではないかと。
> ふつー物理削除はしないで論理削除にすると思うし、消しちゃまずいもんが消
> せるっていう作りと運用ってのがイマイチな気がします。
> 「障害」ってのはOSとかハードとか処理系とかのせいで誰も悪いことしてない
> のにぶっ壊れるってことを指すと思っていて、それなら"丸ごと復旧させる"し
> かないことが多い。
> けど「誤ってデータを消す」対策をするなら、「消せないようにする」のが一
> 番なような…。
>
> ログとダンプの組み合わせ使用は経験値ゼロなので役立たず、失礼しました。
>
> --------------------------------------
> Celebrate Yahoo! JAPAN 10th Anniversary
> http://pr.mail.yahoo.co.jp/10thann/
>
>

投稿者 xml-rpc : 2006年4月 3日 17:36
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34367
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。