2012年2月 4日

[mew-dist 29454] Re: Memory exhausted

井出と申します。

再現を試みてみました。
環境は以下のとおりです。
OS:FreeBSD 9.0-RELEASE/amd64
emacs: portsにあった、emacs-23.3_6,2
mew: 2012/02/04にgitで取得したもの。

% ulimit -S -d 16000 // bashなのでulimitコマンドを使っています。
// csh系では % limit datasize 16000 ですか。
% emacs -nw

mewを起動させて、1200ほどメールが入っているimapフォルダでs allをかけてみると
> Memory exhausted--use C-x s then exit and restart Emacs
といって止まりました。

#もちろん、ulimitをかけなければ、正しく動いています。


この結果からみて、OSからemacsに渡すメモリの制限に引っかかると、
くだんのエラーで止まることがあるものと思われます。

In "[mew-dist 29444] Memory exhausted"
Seiji Ariga <ariga@xxxxx>さん writes:
> % limit
> cputime unlimited
> filesize unlimited
> datasize 524288 kbytes
> stacksize 65536 kbytes
> coredumpsize unlimited
> memoryuse unlimited
> vmemoryuse unlimited
> descriptors 11095
> memorylocked unlimited
> maxproc 5547
> sbsize unlimited
> swapsize unlimited

ということですから、datasizeの制限を環境が許す範囲で広げれば、エラーなしに
動くのかもしれません。この値では512MBですが、32bitな環境でももう少し使えそ
うな気がします。

ちょっとググったところでこんなページがあり、FreeBSD/i386の場合2GBまでは増や
せるらしいです。設定が大きすぎるとブートしなくなることがあるらしいので、
自己責任で。

http://nhh.mo-blog.jp/ttt/2007/03/freebsd_unlimit_b07e.html


また、環境を変えるというのも手かもしれません。自宅の環境の場合
FreeBSD 9.0-RELEASE/i386 datasize 524288 kbytes (512MB)
FreeBSD 9.0-RELEASE/amd64 datasize 33554432 kbytes (32GB)
が初期設定値でした。

--
「なんとかなるよ。絶対、だいじょうぶだよ。」 de IDE Kazumi


投稿者 xml-rpc : 2012年2月 4日 14:29
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/108450
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。