2011年9月 7日

[mew-dist 29407]Emacs 24.0.50 での挙動の変化

荒木田と申します.

git で取得した Mew を bzr で取得した Emacs 24.0.50 上で
使っています.8月末ころまでの Emacs 24.0.50 では問題なかった
のですが,出張から戻り9月3日に bzr pull で取得した Emacs 24.0.50 で
Mew を使用したところ,Emacs 24.0.50 側の大きな仕様変更?があったのか
Mew の Summary モードで "v" や "SPACE" 等を押したときの挙動が
変化してしまっていました.


例えば,Summary で読みたいメッセージのところで v や SPACE を
押すと,本来メッセージ本体が表示されるはずの下バッファーにも
Summary 一覧が表示されたりします.v や SPACE を何回か押すと
本来読みたいメッセージの本文が表示されるようにはなります.
Mew での挙動が変化してはいますが,emacs や Mew を起動したときに,
特にエラーや警告はでていません.

Emacs 24.0.50 は開発版なので,大きな仕様変更が生じても
おかしくはないのでしょうが,Emacs 24.0.50 を追いかけていて
Mew を使ってこのような症状に遭遇しているのは僕だけでしょうか?

今はとりあえず,安定版の Emacs 23.3 を入れて使っていますが,
やはり Emacs 24.0.50 みたいな開発版をあまり追いかけすぎない方が
無難なのでしょうか?


--
荒木田 英禎


投稿者 xml-rpc : 2011年9月 7日 08:33
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/106012
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。