2010年7月16日

[mew-dist 29261] Re:補完での completions-first-difference の活用

山本です。

> Emacs22 以降でコマンドとかの補完入力を動かすと、次に入力すると良
> い文字が(デフォルトで)bold(*1) になりますが、Mew の補完は独自に
> やっているので、face がつきません。

Emacs 22 では、今のままでも bold になります。

> の最後の行の変更だけで問題なく動作しました。ただし、Emacs21 の
> display-completion-list() の引数は一つだけなので、
>
> (condition-case nil
> (display-completion-list all (try-completion "" all))
> (error
> (display-completion-list all)))
>
> とかしないとだめかも、です。

Emacs 23 では bold になりませんが、この関数の第二引数は obsoleted だそ
うです。

標準のインターフェイスに合わせるのは賛成ですが、他の方法を探す必要があ
りそうです。

--かず


投稿者 xml-rpc : 2010年7月16日 16:16
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97050
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。