2008年4月14日

[mew-dist 28324] Re:smime 検証時の X-Mew 出力

山本です。

> (2) application/x-pkcs7-signature の部分を壊すと、
>
> X-Mew: <body> S/MIME NEED TO HACK
>
> となりますが、mew-decode-syntax-insert-privacy() の
> (re-search-forward "BAD.*sign" nil t) にひっかからないので

> mew-face-header-xmew-bad が使われないため、ぱっと見でわかりにく
> いです。下記の様に、積極的に "BAD S/MIME sign" を付けると良いか
> な?と思われます。

まず、こちらから。

mew-pgp.el が、コマンドの出力を解析して、いろんな情報を得ている理由は、
PGP 2 などをサポートしているからです。

また、mew-smime.el が同様のロジックを使っているのは、本格的にコードを書
くのが面倒だったからです。^^;

実は GnuPG 1/2 には、--status-fd という隠しオプションがあります。標準出
力である 1 などを指定して実行してみて下さい。GnuPG が、どういう状態だと
判断したか表示してくれます。

この書式の説明は、GnuPG 1/2 の doc/DETAILS にあります。

Mew では、この機能を Multipart/Sigined の micalg パラメータを得るためだ
けに使っています。繰り返しますが、それ以外で積極的に活用しなかったのは、
PGP 2 などのためです。

mew-smime.el では GnuPG 2 しかサポートしないので、--status-fd を積極的
に活用すべきだと思います。という訳で、後でそういうコードを書いてみます。

P.S.

PGP 2 などを捨てられれば、mew-pgp.el も奇麗になり、公開鍵の取得も
GnuPG 任せにできるので、とっても気楽です。でも、まだ PGP 2 を使っている
人はいますよね???

--かず@強い反対意見がなければ削っちゃうぞ:)


投稿者 xml-rpc : 2008年4月14日 12:26
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/72115
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。