2008年4月 1日

[mew-dist 28252] Re:smtp送信失敗で Dcc: が消える

水口です。

kazu> mew-config-alist に use-submission は、使えません。
kazu> mew-use-submission だけで決まります。

そうなのですか、すみません。 mew-use-submission はこれまでずっと t だっ
たので、フォールバックモードのみでテストしていた事になります。

kazu> > mew-use-submission=t の時は、 ("use-submission" . nil) の時も
kazu> > ("use-submission" . t) の時もダメみたいです。
kazu> > # mew-smtp-port="smtp" 、 ("smtp-port" . "smtp") です。
kazu>
kazu> mew-use-submission=t のときは、パッチはうまく動かないということですね?

そうです。 今、再度テストをしました。 今度は "Mew version 5.2.55" にバー
ジョンアップしてパッチをあてて Meadow の再起動の後にテストをしたのです
が、mqiファイルはやはり [nil nil nil nil nil nil nil nil] になって
Fcc: と Dcc: は消えます。

(locate-library "mew-smtp") でロードされる mew-smtp の位置を確認し、その
場所の mew-smtp.el がパッチ済である事を確認して mew-smtp.elc を消してテ
ストしたので、間違いは無い筈です。

昼間行ったテストは mew-draft-send-message() で、今は
mew-summary-retrieve() から起動される送信動作でテストして、両方NGです。


kazu> 以下を確認して下さい。
kazu>
kazu> 1) パッチを当てない状態で、mew-use-submission を nil として、問題が起き
kazu> ないことを確認する。

これは、OKでした。

私が ("use-submission" . nil) が有効と誤解していた為に意図しないフォー
ルバックモードになって、その結果として避けて通れた筈の問題に当ってしまっ
た訳ですね。


それはそれとして、

kazu> 2) パッチを当てた状態で、mew-use-submission を t として、問題が起きない
kazu> ことを確認する。(上記からすると、問題が起きるということでしょうか?)

このメールの前半に書いた通り、このスレッドを始めた時点から改善されてい
ません。

なお、これまでもOKだった ("smtp-port" . "submission") のケースはパッチ
を当てた状態でもOKでした。

--
水口 元彦 (みなくち もとひこ)
zxcv3794@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2008年4月 1日 02:54
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/71620
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。