2011年6月20日

[linux-users: 108779] Re:外付け USBHDD をつけたままだと内蔵HDDから起動できない

松元です。

サーバのBIOSがUSB HDDから起動させようとして、失敗しているんじゃないで
しょうかね。対策はわかりません。

多分、外付USB-HDDが内蔵HDDの扱いになっていると思いますので、内蔵HDDの
優先順位を変更する機能を有するBIOSなら、起動に使いたいHDDを一番優先順
位を上にすれば良いかと思います。(この機能が無いBIOSもあります。)


ただ、HP ML110G3というサーバですが、以前所有していましたが、、、USBを
さしているとBIOSでどう設定してもUSBから起動しようとするお茶目なBIOSだっ
たと記憶しています。困ったのでUSB機能をBIOSでdisableしました。ただこれ
するとUSB-HDDが使えなくなりますけど。

>> Content-Transfer-Encoding: 7bit
>>
>> mnamiと申します。
>>
>> データ保存用にUSBのHDDを追加し、
>> EXT3でフォーマットして使用しています。
>> fstabへは記載していません。
>>
>> mount -t ext3 /dev/sdb1 /mnt/usb
>>
>> Linuxを起動してから、USBHDDを接続して、
>> Mountはうまくいくのですが、繋げたまま、
>> 再起動すると、BIOS画面でカーソル点滅し、
>> 画面真っ暗となって止まってしまいます。
>> タイミングは、Linuxが起動する直前です。
>> BIOSで起動順序を見ましたが、
>> 1)CD/DVD
>> 2)内蔵HDD
>> となっております。
>>
>> 2種類のサーバーで発生します。
>>
>> HP ML110 G3
>> Fedora Core 5
>>
>> Dell PowerEdge2900III
>> CentOS 5.3
>>
>> 停電対策で、自動再起動の処置をしているのですが、
>> USBHDDがついたままだと起動できません。
>> webで検索してみましたが、同様の現象を見つけることができませんでした。
>> よろしくお願いいたします。
_______________________________________________
linux-users mailing list
linux-users@xxxxx
http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/linux-users


投稿者 xml-rpc : 2011年6月20日 09:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104631
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。