2010年12月21日

[linux-users: 108693] Re:USBマスストレージでの2TB超ディスク

情報ありがとうございます。猪野です。

2010年12月21日16:07 Yuuichi Ikeda (SKLC) <yuichi@xxxxx>:
> いけだ@三恵工務店です。
>
>> 実は手持ちのコレガ「CG-HDC4EU3500」と1TBディスク×4本で3TBのRAID5
>> ディスクを作成し、USB接続でLinuxサーバに接続したのですが、どうも認識
>> してくれません。

>
> 多分大丈夫だと思いますが、ケース本体裏のMBR/GPT切り替えスイッチの設定はお済
> みでしょうか。(ディップスイッチになっています)
> ウチでは1TB×4のRAID10なので再現は出来ていないのですが、1TB×4 RAID5の
> Windows7では無事に3TBとして認識できていましたので、念のためご確認のほどを…。

これは、問題無いように設定して、corega側のリビルドを実施しています。

あれから、いろいろ調べてみたところ、かとうさんと同じ富士通の小崎さんが
書いた@ITのLinuxカーネルウォッチの記事とそのソースの一部であろうと
思われるkernel.orgのwikiサイトに行き当たりました。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2010/watch03a.html
https://ata.wiki.kernel.org/index.php/ATA_4_KiB_sector_issues

これによると、
・カーネルの最終対応は2.6.33(2010年初めリリース)で実施
・ユーザースペースのfdiskやpartedがリンクしているlibblkidは2.6.31〜32で最終対応
・SCSI系のストレージドライバは個別に対応してるみたいだが、linuxのATAドライバは
まだ開発用ブランチのものしか4KiB対応できてない。
・ATAを他のバス(USB,IEEE1394)経由で繋いだものは、ブリッジチップが正確に4KiB
セクタをサポート出来ていれば、(linux自身の?)SCSIドライバは把握できるはず。
というあたりが関係有りそうな部分です。

最後の項目は、coregaがそもそもGPT対応をうたっていて、windows7では認識できる
ことから問題ないとすると、カーネルやライブラリの問題かもしれないです。

最近は非常に安定していて、かなりの期間OSアップデートをしていなかったので、RHEL
側のバックポートがまだ入っていないバージョンなのかもしれません。
(RHEL5≒CentOS5にはこのへんをバックポートしていない可能性も無い訳ではありませんが)

とりあえず、出来る限り最新までアップデートしてみて、再テストしてみたいと思います。

# しかし、ATAドライバはまだダメポってことは、LinuxではeSATA接続でこのドライブは
まだ使えないってことだよなー、多分…
_______________________________________________
linux-users mailing list
linux-users@xxxxx
http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/linux-users


投稿者 xml-rpc : 2010年12月21日 17:12
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100882
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。