2010年10月25日

[linux-users: 108664] Re:ソフトRAIDからの起動で問題が

石川といいます。
せっかくなので(?)どうでもいい情報を。

> まず、HDDのデバイス名についてなのですが、
> IDEってhdaとかhdbとかで認識しませんか?
> SATAはsda,b,c。
以前、赤帽ELのサポートをちょこっとやってたのですが、その時に目が点になったことが1つ。
カーネルのアップデートで、SATAのデバイスが/dev/hdXXから/dev/sdXXに変わったことがあります。

確か、udevを採用したことで変わったんだったかな?Changelogに書いてありました。
でもって、カーネルアップデートしたら起動しなくなった(T-T)とか(`皿´'#)とかの問い合わせが来てました。
Enterprise Linux なんだからそういう大胆すぎることはやめてーと思ったことを思い出しました。

以上、今となっては無価値情報でした。

2010/10/23 Akihiko KITAMURA <ktmr@xxxxx>:
> こんにちは、北村と申します。
> # 某資格試験を受けようと思ったらID登録は手動で担当者から
> # 連絡が...とか書いてあってorz ML見てたらふと目に入ってきたんで(笑)
>
> えーと。解決できる手順の話ではないのですが。
> 私も長いことDebian を使っているので少々コメントを。
>
> まず、HDDのデバイス名についてなのですが、
> IDEってhdaとかhdbとかで認識しませんか?
> SATAはsda,b,c。
> まぁ、最近のMBは違うんですかね。BIOSの設定によっても認識が変わるかも。
> それでIntel M/BのSATA設定はRAIDじゃないくて
> AHCIかNative IDE(だったかな?)にした方がいいと思います...
> # on boradのRAIDがLinuxでサポートされることは多分...
>
> あと、md作るときの話ですが、sdaがsdcとかに変わっても問題ないです。
> 普通に上がってきます。ただし2点注意
> 1. 上げたいDISKがBIOSの起動順で先になってる必要があります。
> 2. MDでRAID1を組んで /とか/bootを構成してる場合、それぞれの
> HDDのMBRにGRUBをインストールしておく必要があります。
>
> あ、もう一個あった:-) MDに使ってるパーティションは
> ID fd (Linux raid autodetect)にしとく必要があります。
>
> 私の場合こんな感じです。
> root@xxxxx:/# fdisk -l /dev/sda
>
> Disk /dev/sda: 250.0 GB, 250059350016 bytes
> 255 heads, 63 sectors/track, 30401 cylinders
> Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
> Disk identifier: 0x7da65542
>
> Device Boot Start End Blocks Id System
> /dev/sda1 1 125 1004031 fd Linux raid autodetect
> /dev/sda2 126 5000 39158437+ fd Linux raid autodetect
> /dev/sda3 5001 30401 204033532+ fd Linux raid autodetect
>
> root@xxxxx:/# fdisk -l /dev/sdb
>
> Disk /dev/sdb: 250.0 GB, 250058268160 bytes
> 255 heads, 63 sectors/track, 30401 cylinders
> Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
> Disk identifier: 0x69d72a82
>
> Device Boot Start End Blocks Id System
> /dev/sdb1 1 125 1004031 fd Linux raid autodetect
> /dev/sdb2 126 5000 39158437+ fd Linux raid autodetect
> /dev/sdb3 5001 30401 204033532+ fd Linux raid autodetect
>
> root@xxxxx:/# cat /proc/mdstat
> Personalities : [raid1] [raid6] [raid5] [raid4]
> md4 : active raid5 sdf[0] sdd[2] sde[1]
> 3907028992 blocks level 5, 64k chunk, algorithm 2 [3/3] [UUU]
>
> md3 : active raid1 sdb3[0] sda3[2]
> 204033460 blocks super 1.0 [2/2] [UU]
>
> md2 : active raid1 sdb2[0] sda2[2]
> 39158364 blocks super 1.0 [2/2] [UU]
>
> md1 : active raid1 sdb1[0] sda1[2]
> 1004016 blocks super 1.0 [2/2] [UU]
>
> unused devices: <none>
>
> root@xxxxx:/# env LANG=C df -h
> Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
> /dev/md2 37G 8.1G 27G 24% /
> tmpfs 2.9G 0 2.9G 0% /lib/init/rw
> udev 10M 1.0M 9.0M 10% /dev
> tmpfs 2.9G 1.1M 2.9G 1% /dev/shm
> /dev/md3 195G 147G 49G 76% /home
> /dev/md4 3.7T 1.7T 2.0T 46% /export
>
> root@xxxxx:/# cat /etc/fstab
> # /etc/fstab: static file system information.
> #
> # <file system> <mount point> <type> <options> <dump> <pass>
> proc /proc proc defaults 0 0
> /dev/md2 / ext3 errors=remount-ro 0 1
> /dev/md3 /home xfs defaults 0 2
> /dev/md1 none swap sw 0 0
> /dev/md4 /export xfs defaults 0 2
>
> root@xxxxx:/# cat /boot/grub/menu.lst
> default 0
> timeout 5
> color cyan/blue white/blue
> title Debian GNU/Linux, kernel 2.6.26-2-amd64
> root (hd0,1)
> kernel /boot/vmlinuz-2.6.26-2-amd64 root=/dev/md2 ro quiet
> initrd /boot/initrd.img-2.6.26-2-amd64
>
>> なんと、sdb と sda のRAID構成同士でおなじUUIDになっている。。。
>> ふぅむ...
>
> それって Array UUID見てません?
> 同じアレイに使われてればArray IDは当然同じです。
> ディスクのUUIDはDevice UUIDですね:-)
>
> p.s.
> さて、天気もいいし私もバイクで出かけようかな:-)
>
> --
> きたむら
>
> At Sat, 23 Oct 2010 08:36:49 +0900 (JST),
> しん wrote:
>>
>> 出沢です
>> [linux-users: 108627] 先週Linuxのハード調達に秋葉に行ってきました
>> の続きです
>> SATA2台、IDE2台が積めます。
>> IDEを積んだときと、IDEを外したときでSATAのHDDのデバイス名が変わってしまうのが
>> 原因かな?と思うのですが、、、
>> ソフトRAIDの組み合わせ定義と違ったデバイス名になってしまうので
>> RAIDドライブがみつからなくなる。のかな?と
>> インストール時と違うIDEの積み方にすると起動しなくなります。
>> grub rescue に落ちます
>>
>> IDEを将来に渡って接続し続けるつもりはないのですが、
>> 現時点でデータの詰まってる500GBを読ませたりする必要もあり、
>> IDEをつけたり外したりで起動ができなくなるのは困ったな、と思っています。
>> なにかよい方法はないでしょうか。
>>
>> mdadm ってUUIDでは組み合わせ設定できないですよね。。。
>> HDDのdevice名は検出順かと思うのですが、これをSATA優先とか指定できないでしょうか
>>
>> 状況
>> 1. SATA2台、IDE2台を積んでとりあえずIDEにubuntuを入れ、動くのを確認した
>> 所で、上のpostしました。
>> この接続だと IDE /sda,sdb、 SATA sdc, sdd になります。
>> sdaにインストール、sdbがデータのあるドライブ
>>
>> 2. ubuntu Alternate版の手動パーテション設定にてSATAをRAID1にして
>> インストールしました。
>> md0 <- sdc1, sdd1 です
>> grubのインストールにて sda1 のubuntが検出されて、そちらにMBRを入れるか?
>> と聞かれてYESしてしまいました。。。
>> これで再起動すると 1. の時の grubメニューしか出てきません。
>>
>> fdiskにてsdaのboot可能フラグを削除しても同じ
>>
>> 3. IDEを外し、SATAだけでインストールしなおし
>> md0 <- sda1, sdb1 です
>>
>> 4. IDEを接続して起動すると、1. の時の grubメニューしか出てきません。
>>
>> 5. IDEの /boot を /bootsave に mv して起動すると grub resucue
>> 正確なメッセージメモし損ないましたが、
>> ファイルが見つからない というような意味のメッセージです。
>>
>> 6. IDEをシステムのない一台だけにし、起動すると  grub resucue
>>
>> この6の状況から、
>> IDEを積んだときと、IDEを外したときでSATAのHDDのデバイス名が変わってしまうのが
>> 原因かな?と思うのですが、、、
>> ソフトRAIDの組み合わせ定義と違ったデバイス名になってしまうので
>> RAIDドライブがみつからなくなる。のかな?と
>>
>> と考えました。
>>
>> _______________________________________________
>> linux-users mailing list
>> linux-users@xxxxx
>> http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/linux-users
>>
> _______________________________________________
> linux-users mailing list
> linux-users@xxxxx
> http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/linux-users
>

--
-- nobichan
_______________________________________________
linux-users mailing list
linux-users@xxxxx
http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/linux-users


投稿者 xml-rpc : 2010年10月25日 00:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99452
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。