2010年4月 9日

[linux-users:108411] Re: 富士通、リナックスで銀行システム 勘定系を7割安く



>> コミュニティソフトウェアの品質はコミュニティの規模やデベロッパーの活動
>> 度に依存しますから、現状のLinuxならIAの上で、なるべくカスタマイズしない
>> で使うのが筋だと思います。バグフィックスや必要なカスタマイズはローカル
>> で行うのではなく、アップストリームに貢献する形が正しいと思う。
>>
>

> 結局、ここがわかんないんですね。
> 貴殿の主張はただしく、
> Linuxの美味しいところって、
> ほって置いても誰かがメンテしてくれる、、、
> かもしれないことなんですよ。

自分はそうは感じたことはありません。製品に採用する以上、品質管理の責任は逃
れられませんよね。コミュニティソフトであっても、莫大なコストをかけてテスト
とFIXをしています。インハウスのソフトウェアと違うのはFIXはアップストリーム
に貢献することでしょう。LinuxならLinuxのカーネルのFIXとして採用してもらう
ことです。多くの会社や個人がそうすることで自分たちだけでカバーできないテス
トやFIXが行われることは期待しています。

> が、しかし、それは、
> Web2.0用CGIサーバとかに使う場合の話。
>
> 勘定系で求められるメンテって、
> たとえば、機能的にはKernel2.0.0でいいから、
> それを30年間ずーーーっとメンテし続けますよ・・・
> みたいな話なんですよ。
> 実にどうでもいい、
> そんなのおきるわけないじゃん的な些細なバグを
> ちゃんと潰していく努力。
> そんなの、だれかのボランティア的情熱に
> 期待するのは不可能で、
> 富士通なら富士通で、
> とにかく自分のところで
> きちっとカネを払って組織的に
> やってくしかないんです。
> で、この費用が実に馬鹿でかい。

現実のメジャーなコミュニティソフトはボランティアではないと思いますが。。。
少なくとも中心的な活動は、極めて優秀なプログラマがいいお金をもらってなんら
かの仕事の一環としてやっているはずです。私の知るかぎりは。

でもそれで100人のトップコミュニティプログラマと契約したとしても、自製のOS
をスクラッチから設計して自分で30年メンテしていくより、ずっと安いのかもしれ
ません。(そういう判断でこういう商品がでてくるのだと思いますが)

小さな会社やプロジェクトなら単に利用するだけってやりかたもあると思いますが
、大きいプロジェクトではそれではおっしゃるように製品責任が保てないでしょう
から、適切なコストをかけてコミュニティと共同でメンテしていく作業が必要だと
は思います。

それと、コンピュータシステムの今後30年のありかたをこうしかないと断定するの
は不可能でしょう。Googleが銀行をはじめたら、これまで30年の銀行のありかたと
同じ方法はしないのでは?

Regards,
Eigo

投稿者 xml-rpc : 2010年4月 9日 12:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/94904
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。