2010年2月 1日

[linux-users:108377] Re: [SPAM] rpc portmapper について?

>> On Sat, 30 Jan 2010 22:05:11 +0900, tanaka <tanaka_hideo@xxxxx> said:

tanaka> A) 現在、この機能は、rpcbindに変わったという理解で正しいでしょ
tanaka> うか?

OSによって名前が違いますが, やっていることは大体同じです.
なので 変わったかというと, 変わったのもあれば変わってないのもあるなの
で 正しいとはいえないのではないですかね?


# Fedora Core でどう変わっているかは知らないです.
# 近所の solaris は rpcbind で centos は portmap ですな.

tanaka> B) 上記に書かれているプログラム番号とは、/etc/rpc の真ん中に書かれている
tanaka>   100000 100001 .... の事でしょうか?

それですね.
# rpcinfo -p で実際に サービスしているものがわかります.

tanaka> C) 例えば、NFSクライアント(これは、rpcクライアントですか?)は、
tanaka>   最初、自分のマシンで動作しているrpcサーバと通信して、相手マシンのrpc
portmapper は そのプログラム番号にたいする実際の(tcp などの)ポートの
対応をつけてくれるものなので.

クライアントは
1. 相手(サーバ)が誰かというのは知っている状態です.
2. 使いたいプログラム番号も知っています.
3. サーバに プログラム番号に対する実際のポートを聞きます.
4. 得られたポート番号で実際に通信します.

tanaka> サーバがどこに   あるか知るのでしょうか?
tanaka>   それとも、最初から、相手先のrpcサーバと通信するのでしょうか?

tanaka> d) 相手先のrpcサーバのIPアドレスを知らなければ、通信できませんが、
tanaka>   例えば、NFSの場合、NFSサーバのIPアドレスが設定されているので
tanaka>   それによって知る という事でしょうか?

そういうことです.

先に誰と通信するかは決めているものが多いはずです.
--
(ishi)

投稿者 xml-rpc : 2010年2月 1日 15:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/93037
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。