2009年12月15日

[linux-users:108352] Re: google日本語入力はイケている。


> > わたしが何年もかけて理解してきたのは、
> > いわゆる「コミュニティモデル」などない、ってこと。
> > むかしは、何かにつながるのかな、とおもってオフ会とかも
> > 行ってたんですが、いまは行かない。
> > 結局、コミュニティモデルなんてオタクの飲み会に過ぎないですし、
> > そこからは何も生まれない。
> >

> > Linux系のオフ会とは、
> > Linuxすごーい、と根拠もなく
> > お互いに幻想を褒めごろしているだけの場ですし、
> > Linux系のMLもそれに同じ。
> >
> > そして、その幻想を打ち砕く行為はタブー。
> >
> > わたしは、べつにオタクの飲み会が悪いとはまったく思っていないので、
> > やりたきゃどうぞ。まあがんばってね、という感じですが、
> > ただ、コミュニティモデルが何かを生み出す、というのは、
> > 一部マスコミなどが振りまいた神話に過ぎなかったな、
> > と思っています。

何年もかけた結論としては寂しく思うので、余計かもしれませんがもう少しだけ。

オープンソースコミュニティはさまざまなコミュニティの集合体なのではないで
しょうか。「オタクの飲み会」はオープンソースを取り巻くコミュニティの一つの
形であり、大切なものだとは思いますが、「コミュニティモデルとはオタクの飲み
会に過ぎない」という大胆な結論に至る推論の過程が自明なものとは思えません。

ご指摘のマスコミが振りまいたコミュニティモデルの神話が何を指すのか、はっき
りはわかりませんが、少なくとも「日本のオタクの飲み会が何かを生み出すことが
オープンソースのコミュニティモデルのエッセンスである」という主張を見たこと
はありません。

大型のオープンソースプロジェクトのコアは、インターネット上に形成されたグ
ローバルなコミュニティであり、コミュニティモデル自体について評価されるな
ら、「オタクの飲み会」ではなくアップストリームのMLなどに参加された上で結論
されるべきではないのでしょうか。

#俳句や華道なら日本でのアクティビティがコアなのでしょうけど。。。

私自身は幸運なことにオープンソースコミュニティと密接に関わる形で仕事をして
います。その分野で名の知れた開発者たちと一緒にプロジェクトを進めています
が、やっぱりすごいなって思いますよ。アップストリームのコミュニティから産み
出されるソフトウェアは十分注目に値すると思いますし、そこに貢献しながら仕事
を進めていくのは悪いモデルじゃないと思ってます。

ちなみに日本のオタク文化はそれはそれで日本人としての私の誇りですけどね。オ
タクなオフ会もぜひ続けていって欲しい。:)

オープンソースとコミュニティモデルから、日本のローカルマーケットで新しいビ
ジネスを作り出すということがテーマなら、それはそれで適切なコミュニティで適
切な議論を提起する必要があると思います。新しいビジネスということであれば、
議論をリードする気持ちが必要でしょうし、リスクを取る覚悟や資金力も必要だと
思います。楽に商売のネタが転がっているわけではないと思いますが、頑張ってく
ださい。

Regards,
Eigo Mori

投稿者 xml-rpc : 2009年12月15日 12:54
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/91401
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。