2009年7月16日

[linux-users:108300] Re: DISPLAY localhost:0.0 , DISPLAY:0.0 の違い?

# reply to つけると 自分に直接こないですか?

>> On Wed, 15 Jul 2009 19:57:18 +0900, tanaka <tanaka_hideo@xxxxx> said:

tanaka> /usr/bin/startx を見ると
tanaka> mcookie でキーを作成して、それを使用して
tanaka> xinit で X window を起動させているようですが、
tanaka> Xサーバーは、起動時に使用したキーを どこに保存しているのでしょうか?

tanaka> (メモリーでしょうか?)

X のプロセスを見ると -auth でファイル指定してませんか?
login 後には, ここに書いてあるkey が 自分の auth ファイルにかかれてい
ます. login 前後でどうなってるかは知らない:-)

tanaka> xauth remove :0.0 でキーを消してしまった場合
tanaka> 後から
tanaka> xauth add で キーを追加しても
tanaka> 役にたたないという理解で正しいでしょうか?

X server が見ているものは編集できないと思います.
自分のものを消すと, 新しいクライアンとは
connection to hoge:0.0 refused by server
になりますが, X server とおなじものを 再度書けば connect
できるとおもいます.

tanaka> 後からキーを作成して、
tanaka> それを有効にする方法は、あるでしょうか?

表示先がもっているきーを, 表示元にも共有させることで 表示を許可してい
るとおもうので, そういう意味では 後からキーを作成しているわけじゃない
と思います.

ためしに(% は 自分のID, # は root )

% su -
# xauth list すると, いま自分が開いている key が登録されていた.
ここで登録されているkey は X -auth hogehoge で参照しているファイルに
あるもの. 消しても su しなおしたら登録されていたので 私の環境には何
かあるんでしょう. だが深く追求しない:-)
# xterm -> OK キーがあるので表示できた.
# xauth remove :0.0 消す
# xterm -> NG 消したら失敗.

別端末から
% xhost +LOCAL: localconnection 許可 もちろん キーを手で追加してもOK
# xterm -> OK 表示できるようになった. xauth でみると key が登録されている.
% xhost -LOCAL: 消してみる. でもkey は登録されたまま.
# xterm -> OK ( さっき登録されたから消してもOK )

これで, どうなってるかわかりません?
--
(ishi)

tanaka> --- "L.Takashi ISHIOKA" <ishioka@xxxxx> wrote:

>> >> On Tue, 14 Jul 2009 20:19:09 +0900, tanaka
>> <tanaka_hideo@xxxxx> said:
>>
tanaka> /home/xxxx/.Xauthority ファイルを
tanaka> /root/.Xauthority にコピーしているのでしょうか?
>>
>> そんなことしたら,
>> 他の共有しているはずのキーを失うのでしないと思います.
>> 表示される側のキー(自分の画面)をとりだして, それを表示する側(root)
>> の.
>> Xauthority に 追加ないしは置換をするんじゃないですか?
>>
>> で, man xauth すれば そのヒントがあるとおもうわけです.
>> man xauth の EXAMPLE のセクションをみてみてください.
>>
tanaka> .Xauthorityファイルに書かれているキーは
tanaka> X window が起動した後に
tanaka> 自分で作成しても意味を持たないのでしょうか?
>>
>> 表示される側の キーは普通は変えないと思います.
>> 表示する側に, される側のキーを設定するのはします.
>>
>> 例) hostA:0 に hostB から xterm 表示
>> hostA% telnet hostB
>> hostB% xauth で hostA:0 のキーを登録 or hsotA% xhost +hostB
>> hostB% xterm -display hostA:0
>>
>> とりあえず local接続であれば
>> - 表示される側で xhost +LOCAL: でいいとおもいます.
>>
>> 他のホストから こちらに出すのには
>> - 表示する側にxauthでされる側のキーを設定するか
>> - 表示される側で xhost +表示する側マシン名 とか xhost +
>> で許可を出します.
>>
>> --
>> (ishi) xhost でむやみに許可を出すとGを走らされたりするので,
>> (わたしは)あまりつかいません.
>>
>>
>>


tanaka> --------------------------------------
tanaka> Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
tanaka> http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

投稿者 xml-rpc : 2009年7月16日 19:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86754
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。