2009年3月26日

[linux-users:108238] Re: LVMの非対話的な実行方法

こんにちは、松本@openSUSE です。

linux-users-kanda2-admin@xxxxx さんは書きました:

>  表題通り、不特定多数のlinux boxについて、ディスク情報(ディスク枚数、
> scsi/hda)が分からない場合、外からこのlinux boxに対してLVMを用いてパー
> ティションニングを行いたいと考えております。
>

>  ロジックとしては、
>
>  1. まず、例えば、あるlinux boxは既に/, /var, /opt等のパーティチョンが
> 切られてあるとします。
>
>  2. 上記以外のディスク領域については、LVMを用いて、物理ボリューム、ロジ
> カルボリュームを自動的に切っていく。

お題としては面白そうな気はしますが、具体的にどのような処理がしたいのか、
ちょっとイメージがつかみにくいですね。

- 既に稼働している Linux box がある
- ディスクがいくつつながっているか、また、その種類が IDE なのか SCSI なのか
は不明
- どのようにパーティショニングされているかも不明

…という前提、つまり、ルートファイルシステムがデバイス上のどこにあるか、
また、ファイルシステムはどうなっているかも分からない、ということでいいで
しょうか?

そこまではいいとして、その先どうなって欲しいのか(どうしたいのか)が、いま
ひとつピンとこないのですが…

- デバイス構成、パーティション構成、どのディレクトリがどのパーティションにマ
ウントされているか等の情報を検出し
- ディスク上に空き領域があるなら(or なければ最大の未使用領域があるパーティ
ションのサイズを縮小して?)、そこに LVM でボリュームを作成し
- あらかじめ決めておいたディレクトリ(たとえば、/var とか /opt とか)を、作成
した LVM のボリューム内の論理ボリューム内に配置し
- 元々それらのディレクトリのあったパーティションからデータをコピーして持って
くる
- でもって、そのシステムを次回ブートした時にはすべて望み通りにマウントされた
状態で問題なく起動してくれる

…といったことをスクリプト一発でなんとかできないか?ということを考えてい
るんでしょうかね? で、KNOPPIX とか USB から起動できるような Linux で
ブートして、そのスクリプトを実行させてみたい、と。

ここらへんをもっと詳細にブレイクダウンしていければ -- 果たして可能かどう
かは分かりませんが -- 順にどんなコマンドを発行していけばいいか見えてくる
のではないかと思うのですが、どうでしょう?

> このような処理を行うサンプルコードがあれば教えていただきたいと思います。

逆に、ご自分で作ってみたようなスクリプトなどがあるようなら、先にそれを見
せていただいた方が、何がしたいのか他の方にも伝わりやすくなるのではないか
と。で、意図していることはこうなんだけれど、それがうまくいかない…と説明
してもらえた方が、皆さんアイデアを出しやすくなるのではないかと思います。


…ところで、質問された方は、どちらさまなんでしょうか? 別に本名名乗れ、
ということを言っているんではないんですが、もしこの先このスレッドが伸びる
と、「○○さんがおっしゃっていたように…」という説明が出てくることもあるの
ではないかと思うのですが、その時まったく同一性が取れなくなってしまうので
はないかと…。

なんか最近、差出人情報が linux-users-kanda2-admin@xxxxx で上書きさ
れて配信されるようになったみたいで、名乗らず、署名もないようなポストだ
と、どこのどなたからのポストなのか、まったく分からなくなってしまっている
んですが(笑)。

--
_/_/ Satoru Matsumoto - openSUSE Member - Japan _/_/
_/_/ Marketing/Weekly News/openFATE Screening Team _/_/
_/_/ mail: helios_reds_at_gmx.net / irc: HeliosReds _/_/
_/_/ http://blog.geeko.jp/author/heliosreds _/_/

---AV & Spam Filtering by M+Guardian - Risk Free Email (TM)---


投稿者 xml-rpc : 2009年3月26日 16:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/83657
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。