2008年9月26日

[linux-users:108109] InetBoot for x86&x86_64 liveCD(Debian-Lenny-Beta1/Feora/Ubuntu/KNOPPIX/VMKnoppix)版リリース


須崎です。
InetBoot for x86&x86_64 liveCD (Debian-Lenny-Beta1/Feora/Ubuntu/KNOPPIX/VMKnoppix)版
をリリースしました。
HP: http://openlab.jp/oscircular/inetboot/
使い方PDF: http://openlab.jp/oscircular/inetboot/InetBoot080925J.pdf
Sample CD: http://ring.aist.go.jp/archives/linux/oscircular/iso/inetboot-20080925-us.iso

InetBootはWeb上に公開されているLiveCD ISOファイルから起動するためのブートローダです。
CD-ROMを焼かずにLiveCDを起動できます。今回の版は下記のLiveCDを起動します。
・x86 LiveCD
2種類のDebian-Lenny Beta1(KDE,GNOME)
2種類のFedora (9, 8)
3種類のUbuntu (8.0.4, 7.1.0, 7.0.4)
1種類のKNOPPIX (531 Remastered CD)
1種類のVMKnoppix (Xen: 3.2.1)
・x86_64 LiveCD
2種類のFedora x86_64 (9, 8)
1種類の Ubuntu x86_64 (8.0.4)

これに準拠したISOファイルなら、InetBoot で起動できます。GRUBメニューの
URLを変えて試してみてください。(注:LCATなど特殊なカスタマイズには対応
していませんので全てを保証するものではありません)。

gPXEあるいは最新のsyslinux (gPXE機能付き)にも対応しました。gPXE機能が
あれば下記の手順でInetBootが起動します。
サンプルCDの使い方例:
GRUBメニューで gPXEを選択直後に Ctl-Bで gPXE シェルに落とす。その後、
gPXE> dhcp net0
gPXE> kernel http://www.inetboot.net/gpxe/debian-lenny-kde-beta1
gPXE> boot
詳細はHPの使い方PDFを参照してください。多くのLiveCDに対応しています。

■ ダウンロード
●サンプルCDイメージ 6.6MB:
http://ring.aist.go.jp/archives/linux/oscircular/iso/inetboot-20080925-us.iso
MD5: 5a88fa779151c1cca69b899275719db7
注:含まれているURLは実験的サービスです。試したいURLを指定してお使い下さい。
●BuildRoot用カーネル(2.6MB)とミニルート(3.3MB)
http://ring.aist.go.jp/archives/linux/oscircular/iso/inetboot-20080925/linux
MD5: f17ba540614ac02eb419dc2fecfb85da
http://ring.aist.go.jp/archives/linux/oscircular/iso/inetboot-20080925/minirt.gz
MD5: f0ea38301122712361e61a961b00f539

------
suzaki


投稿者 xml-rpc : 2008年9月26日 10:39
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/77612
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。