2008年9月15日

[linux-users:108093] Re: [linux-users:108092] Re: rootファイルシステムを認識させるには?

にしおか様、お世話になります。

>1) root ファイルシステムとなるのは 8,3 なので sda3 ですが ただしいですか?
正常に動くkernelをdfした結果より、/dev/sda3で正しいと思うのですが
# df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sda3 9614148 2898764 6227008 32% /
/dev/sda1 474440 32933 417010 8% /boot

tmpfs 645268 0 645268 0% /dev/shm
/dev/sdb1 511696 281768 229928 56% /mnt/usb

>initrd= という設定が動作する方にないですか?
正常なkernelはinitrdの設定が無くても、動いているのですが、今回のkernelのbuild、iinstallに際しては、下記の通りinitrdを作成し、initrd-2.6.24.imgを作成し、lilo.confへ追加しました。

# mkinitrd -c -m scsi_mod:sg:sd_mod:libata:sata_nv -r /dev/sda3 -k 2.6.24 -o /boot/initrd-2.6.24.img

そして
# lilo -v
を実行しますと
Writing boot sector
/boot/boot.0800 exits -no boot sector backup copy made.
One warning was issued.
と表示されます、この状態で、
PCの再起動を行い、openvz用にbuildした、新しいカーネルを選択起動させると
mount : mounting /dev/sda3 on rootdev(or not mounted)
Trouble ahead
You can try to fix it. Type 'exit' when things are done.

exitを入力
/ bin/sh : can't access tty; job control turned off
/ $ exit
initrd-2.6.24.img : exiting
switch -root:bad newroot /mnt
kernel panic -not syncing : Attempted to kill init!

初回報告したときより、進捗的には多少進行したので、新カーネル(openvz)のファイルシステムを見る事ができます、そこで。
$ ls /dev/
として、確認したところ、/dev/sda3は存在します、なのになぜ、kernelがそれをrootファイルシステムとして認識してくれないのか、原因が掴めません、ディストリ依存(Slackware)により、SATAドライブの、認識の仕方が違うのでしょうか?

>比較してみると何かわかるやも.
正常動作をする、既存の.configと、openvz用に特化させるべく、patchを当てた、kernelの.configとは、見比べているのですが、どの辺りに見当を付ければいいものやら思案しています。

以下、mkinitrd実行、修正後のlilo.conf一部抜粋
# Linux bootable partition config begins
image = /boot/vmlinuz-huge-smp-2.6.24.5-smp
root = /dev/sda3
label = Linux
read-only
image = /boot/vmlinuz-2.6.24.8-union
root = /dev/sda3
label = Linux-union
read-only
image = /boot/vmlinuz-2.6.24-ovz
initrd=/root/initrd-2.6.24.img
root = /dev/sda3
label = Linux-ovz
read-only
# Linux bootable partition config ends


--- L.Takashi ISHIOKA wrote:
> いしおかです.
>
> 1) root ファイルシステムとなるのは 8,3 なので sda3 ですが ただしいですか?
>
> 2. 既存のカーネルとの違いとして, 新しく作成したカーネルで SATAの
> ドライバ組み込みわすれてるとか, ないでしょうか?
>
> initrd= という設定が動作する方にないですか?
>
> カーネルの config は
> 動作する方のカーネルで起動して, あれば /proc/config.gz にあります.
> 新しい方は build したところの /usr/src/linux/.config をみてください.
>
> 比較してみると何かわかるやも.
>
> --
> (ishi)
>
>
> >> On Sun, 14 Sep 2008 15:36:26 +0900, linux_penguin_2007@xxxxx said:
>
> linux> よろしくお願いします。
> linux> カーネルを、再コンパイル後、新しく作成した、カーネルを起動すると、
> linux> カーネルパニックを起こしました、既存のカーネルは、正常に起動します。
>
> linux> ※ 起動時のエラー
>
> linux> VFS: Cannot open root device "803" or unknown-block(8,3)
> linux> Please append a correct "root=" boot option; here are the available partitions;
> linux> Kernel panic - non syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(8,3)
>
> linux> rootファイルシステムのマウント失敗しているので、liloの確認を行いたく思い
> linux> 下記のコマンドを実行しました。結果はこのようになったのですが、この状況下で、
> linux> 正常に新カーネルを、使用するには何処を、修正すれば良いのでしょうか、ご教示お願います。
>
> linux> ※ liloの確認、設定
> linux> # lilo -v
> linux> Warning: LBA32 addressing assumed
> linux> Reading boot sector from /dev/sda
> linux> Using BITMAP secondary loader
> linux> Calling map_insert_data
> linux> Mapping bitmap file /boot/slack.bmp
> linux> Calling map_insert_file
>
> linux> Boot image: /boot/vmlinuz-huge-smp-2.6.24.5-smp
> linux> Added Linux *
>
> linux> Boot image: /boot/vmlinuz-2.6.24.8-union
> linux> Added Linux-union
>
> linux> Boot image: /boot/vmlinuz-2.6.24-ovz
> linux> Added Linux-ovz
>
> linux> Writing boot sector.
> linux> /boot/boot.0800 exists - no boot sector backup copy made.
> linux> One warning was issued.
>
>
> linux> ※ システムの構成
> linux> CPU : AMD Athlon(tm)64 Processor 35000+
> linux> Memory : DDR 1GHz
> linux> HDD : SATA 200G
> linux> OS : Slackware 12.1(kernel 2.6.24)
> linux> LILO : version 22.8
>
> linux> --------------------------------------
> linux> Enjoy MLB with MAJOR.JP! Ichiro, Matsuzaka, Matsui, and more!
> linux> http://pr.mail.yahoo.co.jp/mlb/
>
>
>
>
>

--------------------------------------
Enjoy MLB with MAJOR.JP! Ichiro, Matsuzaka, Matsui, and more!
http://pr.mail.yahoo.co.jp/mlb/

投稿者 xml-rpc : 2008年9月15日 16:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/77232
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。