2008年7月25日

[linux-users:108070] Re: vim 差分表示で一致部分も表示する方法?

青山です。

(1) 設定ファイル(~/.vimrc等)に記述する場合

例えば以下のように設定ファイル(~/.vimrc等)に記述します。

set diffopt=filler,context:10000

この設定により、差分が存在する行の前後10,000行を展開して
表示するようになります(※)。
(10,000行なら実用上ほぼ問題ないはず)
デフォルトでは前後2行のみ表示するようになっています。

(詳細については :help diffopt)

(※)設定ファイルの記述で省略表示(folding状態)を
完全にoffにする方法については知らないので、
知っている方はフォローをお願いします。


(2) diffモードでファイルを開いた後の操作で展開表示する場合

設定ファイルを変更していない、または変更しにくい環境の
場合は、diffモードに入った後で操作をする必要がありますが、
この場合についても(1)の方法でOKです。

が、もっと簡単なやり方があり、
:set foldlevel=1
を実行することで省略行の展開ができます。

(詳細については :help folding)

なお、diffモードは特殊なため、これを設定ファイルに
記述しても効果はありません。

On Thu, 24 Jul 2008 20:39:47 +0900
tanaka <tanaka_hideo_san@xxxxx> wrote:

> こんばんは、
>
> vim , gvim で
> 差分表示の機能がありますが、
> 一致部分は、省略されて表示されます。
>
> 全ての部分を表示して、
> 違う部分は、色が付く
> 様な表示にはできないでしょうか?
>
>
>
>


--
Hirokazu Aoyama <qvh01043@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2008年7月25日 20:10
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75603
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。