2008年6月28日

[linux-users:108056] Re: 危険なkernel

本荘@One'sHouseです。

何故危険と感じるなのかについて少し詳細を書く時間が出来たので書いてみます。

main.cについてです。

まず、メモリ周りを意識していない。
ARMなどの組み込み系CPUのメモリは少ないです。


それなのにSFR(勘違いかもだけど)を叩いて動的にブロックデバイスを登録し
ようとする処理が見られない。
hda
とか
sda
の文字の羅列が10行以上並んでいるのはメモリを食いつぶすだけです。

staticで宣言しているのはいいとおもいますけどね。。。


*.hは何のためにあるのですか?
Define文が大量に列挙してある理由が見つけられない。

これだけで 私は設計不具合と感じます。
動くかもしれないけど最適ではないと思います。

以上よろしくお願いします。


投稿者 xml-rpc : 2008年6月28日 21:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/74759
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。