2008年6月28日

[linux-users:108055] 危険なkernel

本荘@One'sHouseです。

何年も前から登録したかったのですが、やっとできました。。。

では本題に

私は組み込み系のコンピュータ業界に入って2年目くらいのソフトウェア設計者
です。


kernelのソースを読んでみました。

・・・・


危険すぎる。。。

と感じました。

私の上司も
「仕事で読んだことあるけど、よみにくいねぇ・・・」
と控えめに言っていました。

具体的には
main.cを読んだ時点で、かなり危険と判断しました。

Defineの使い方
ポインタの使い方

危険すぎてそれ以上は読みたくありません。

何故PC業界に入って1年2年の若造がちらっと見ただけで危険と感じるソースが 
何故全世界に配布しているのですか?

kernelのメンテナンサは汚名者でしょうか?

暴言と承知の上で危険なソースであることを伝えたいです。

1.0.0が荒削りのソースですが、kernelの中では一番きれいなソースコードだと
思います。
何故、最初に作った人がメンテナンスをやめたのか。
汚すぎるソースを見飽きてしまったのでは?
とも感じられます。

今、私は業務が忙しくプライベートになる時間は殆どありません。
その中で、すこしずつ すこしずつ 設計から見直し、5.0.0もしくは10.0.0として新しい
kernelを作りたいと思います。

対象CPUは x86 ARM PPC

それ以外のCPUはしらないので作れません。

許可していただけるのであれば メンテナンサとなり新しい概念でkernelを作っ
てみたいです。

許可していただけるのか不許可なのかが知りたいです。

www.kernel.orgのwebmaster宛に エキサイト翻訳を使用し、同じようなメール
内容のを送信しましたが、返答はありません。

英訳できる方、できればkernel関連のコミュニティに転送していただけるとあり
がたいです。


以上よろしくお願いします。


投稿者 xml-rpc : 2008年6月28日 06:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/74741
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。