2008年6月14日

[linux-users:108051] Re: [linux-users:108048] Re: [linux-users:108039]Re: [linux-users:108032] Re: 仮想NIC

笠原です。

うーん、最初にこの環境が欲しかった理由はとうの昔に消滅しているのですが
出きるとなれば個人的に「実験た〜いむ」したいのが

・L2チャネルの負荷分散度合い調査の実験用
・実装依存で泣かされるARPのエージングに関する調査/実験用の道具
・DHCPサーバの負荷試験機とかにも応用が効きそう


・・・、ま、IPアドレスだけではなく、いざとなればMACアドレスも
任意に制御下に置くことが出来るというのは良い事ではないかと思うのですが(笑)
何事も、出来ないよりは出来た方が良いということで。

2008/06/14 11:13 西端 敏裕 <toshi_mee@xxxxx>:
> 手段 -> 目的化&既に解決。ということなのですが、
> 少しばかりチャチャを。
>
> Mitsuo KASAHARA さんは書きました:
>>> というわけで、「何故それをしたいのか?」も提示すれば、もしかしたら
>>> 全く異なるアプローチの解決案も出てくるかもしれませんよ。
>>> 目的と手段は混同しない方が良いと思います。
>>
>> そうですね。
>> ということで、実環境に近づける為に1枚のNICに複数のIPアドレスと、
>> それぞれのIPアドレスに別のMACアドレスを振ること自体が
>> 目的となっております。
>
> どうして IP アドレスごとに個別に MAC アドレスが
> 欲しかったのでしょうか?
>
> 別に MAC アドレス関係ないじゃん?と思うのですけど。

アプリ層から見れば、下手をすればIPアドレスどころか、DNSさえ何とかすれば
ホスト名を持って歩ければIPアドレス何でも良いんじゃない?
となると思いますけど、それでもやっぱりIPアドレス関係あるのと同じレベルで
MACアドレスをちょこちょこ弄れると「ニヤリ」とする事があります。

--
かさはら みつお <m.kasahara13@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2008年6月14日 13:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/74213
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。