2008年6月13日

[linux-users:108033] Re: [linux-users:108024] 仮想NIC

呂です。
> ■ やりたいこと
> 物理的には1つのNIC(Ethernet)に、2つのIPアドレスを振り、なおかつそれぞれ
> 別のMACアドレスで使用したい。
>
物理的にひとつのNICに二つのMACを使用するのは無理です。
このMACがNICメーカーがHardに書き込んだ情報で、出荷した
時点から変更できない、設定出来ないものです。


以上

----- Original Message -----
From: "かさはら みつお" <m.kasahara13@xxxxx>
To: <linux-users@xxxxx>
Sent: Thursday, June 12, 2008 5:06 PM
Subject: [linux-users:108024] 仮想NIC


> 笠原と申します。
>
> 何をすれば出来るのか見当がつかず、皆様のお知恵を拝借出来ればと思いメール
> させていただきます。
>
> ■ やりたいこと
> 物理的には1つのNIC(Ethernet)に、2つのIPアドレスを振り、なおかつそれぞれ
> 別のMACアドレスで使用したい。
>
> ■ やってみてダメだったこと
> ・aliasを使う
>  IPアドレスに関しては良いのですが、eth0とeth0:0が同一MACアドレスでしか
> 運用出来ないのでボツ
>
> ・vlanを使う
>  vlanを使うと、vlanインタフェースに個別にMACアドレスを指定できたので、
> ほぼやりたいことに近いことは出来たのですが、NICから出てくるパケットがTag
> 付きになってしまうので、別途Tag VLAN(802.1Q)に対応したスイッチを入れる必
> 要がありボツ
>  →vlanインタフェースで、untag運用出来る方法があればこの問題は解決するの
>   ですが
>
> ・Bridgeモジュールを使う
>  bridgeにIPアドレスを振って、さらにbridgeに個別にMACアドレスを振れる所
> まではよかったのですが、残念ながらeth0を2つのbridgeに参加させる事が出来
> ず、物理的にNICが2枚必要になってしまうのでボツ
>  →厳密にはbridgeにはMACアドレスを直接は設定出来なかったのですが、bridge
>   に参加させるNICのMACアドレスを任意のMACにifconfigコマンドで設定して
>   から参加させたら、bridgeのMACアドレスが変更出来ました。
>
> ・dummyを使う
> 正しいか分からないのですが
> drivers/net/dummy.cの
> static int numdummies = 1;
> を
> static int numdummies = 2;
> に書き換えてkernelをコンパイルしたら、とりあえずdummyインタフェースが2個
> 作れて、個別のIPアドレスとMACアドレスを振ることができたのですが、これを
> eth0で通信させる為にbridgeにeth0/dummy0/dymmy1をaddifしても残念ながら外
> 部のノードと通信出来ませんでした。
> そもそもdummyモジュールはloopback専用だから、bridgeに参加させても外部と
> は通信出来ない仕様?
>
> ということで現在手詰まりになってしまっています。
>
> そもそも、今回やりたいことをやるのが、どの方法を使うのが正しいのか分かっ
> ていないので、本来できるはずの事が私の定義ミスで出来ていないのか、そもそ
> も出来ないことなのか分からず、皆様のお知恵を拝借出来ませんでしょうか。
>
> --
> かさはら みつお <m.kasahara13@xxxxx>
>
>

投稿者 xml-rpc : 2008年6月13日 10:02
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/74183
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。