2008年3月28日

[linux-users:107979] Re: Install Linux on DELL Vostro 400(解決!)

山本と申します。

おさわがせしました DELL Vostro 400 への Linux のインストールですが、
劇的な進歩がありましたので報告します。

結論を先に言うと、DELL Vostro 400 に CentOS-5.1 をインストールできました。

あの苦労は何だったの、という状態です。"Loading ata_piix driver ..." で

お悩みの方は下記をお試しください。

Vostro 400 に外付けした USB-HDD に Fedora-8 を入れていろいろと調べていた
時、液晶画面が(マウスも)定期的に(5秒間隔で)フリーズするという妙な現
象が出たので、Fedora-8 をあきらめ、CentOS-5.1 にしました。


;; "matumoto>" == matumoto@xxxxx ("Ryuji MATSUMOTO") wrote:

matumoto> 松元@眉唾もののコメントです。話半分で読んでください。

松元さんのコメント、話半分のつもりでやってみましたが、結果的に
眉唾ではなく、本当にうまくいってしまいました。ビックリです。
情報、ありがとうございました。

matumoto> 上記knoppixのCDで一回bootして、一端電源落としてから再度挑戦
matumoto> したら導入出来ました。

上記の部分に僕の脳がピンと反応し、さっそく試してみました。以下の手順をふ
んだら、あっさりとインストールできちゃいました。しかし松元さん同様、何故
かはわかりません。また下記の手順が正しいかどうかもわかりません。

(1) knoppix_v5.1.1CD_20070104-20070122+IPAFont_AC20070123.iso を
CD に焼き、起動。--> 内蔵ディスクを認識できず、起動に失敗。

(2) 電源を落さずに、そのまま再度、knoppix を起動。ただし boot option を
以下のように設定。

boot: linux irqpoll all-generic-ide noapic nolapic

このように設定したら、knoppix がバッチリ立ち上がりました。

(3) knoppix を終了し、そのまま電源を落さずに Cent-OS の起動 DVD disk に
入れ換え、Cent-OS のインストールを開始。

(4) 起動時に (2) と同様の boot option を設定した。この結果、Vostro 400
の内蔵ディスクを認識し、"Loading ata_piix driver ..."でフリーズする
ことなく、正常にインストール完了。

(5) インストール完了後の再起動の際、(2) と同じ boot option を与えないと
正常に起動しない。

(6) 起動後、/etc/grub.conf の kernel boot option にも(2)と同じものを記述
すると、それ以降の reboot でも問題なく CentOS が起動するようになった。


ということで、一応、インストールは成功しました。ただ、上記のオプションは
あちこちのネット上の情報から判断したものなので、正しいかどうかは自信があ
りません。しかし、Vostro 400 本体へのインストールはうまくいったので、結
果オーライということで深く追及はしていません。

--
Akihiko


投稿者 xml-rpc : 2008年3月28日 15:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/71516
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。