2008年1月23日

[linux-users:107897] Re: 2.4カーネルの498日に起こること

木村と申します。

何年か前に誰かが調べてくれましたが詳しい事は忘れてしまいました。
難しい事はわかりませんが、ミラクルのブログにそれらしいのがありました。

http://blog.miraclelinux.com/uraura/2006/06/post_4b60.html

これで参考になりますか?


Toshio Ando さんは書きました:
> こんにちわ。あんどうともうします。
>
> RHAS3U6 2.4.21-37.ELsmpで498日経過すると
> uptimeが0に戻ってしまいました。
> これに付随してapacheのプロセス起動時間が0になるどころか2009年
> になってしまいました。
> 2時間後に正常な日付になりました。
>
> ぐぐって見ると2.4xの32Bitで起こる現象のようですが
> 2.4.XのuptimeですがどのようにOS内部でどのように定義されて
> いるかわかりますでしょうか。
>
> 教えてください。よろしくお願い致します。


投稿者 xml-rpc : 2008年1月23日 21:55
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68924
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。