2008年1月19日

[linux-users:107890] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック

こうもとです。

「Yusuke」さんの書かれた、
「[linux-users:107889] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック」についての返事です。

> 具体的には、壊れたと考えられた/dev/sdbを再接続し、
>
> mdadm -a /dev/sdb1 /dev/md0

>
> で自動的にリカバリされました。

 ということは、データはほかの3台にすべてあったということになり、こ
の操作を行わなくても(冗長構成ではない)アレイとしては機能していたはず
です。
 上記コマンドを実行する前はマウントなどはできなかったと思いますが、
上記コマンド実行後はマウントなどができるようになったと言うことですか。

 こちらで試しているときは、4台中3台だけとなった場合でもアレイとして
は普通につかえる状態でした。


> sdb1のEvent番号が古かったため、sdd1など最新のEventを持つ
> デバイスに合わさってしまうのかと思いましたが、

 アレイ修復中は、どのデバイスを修復していましたか。
 その書き方からすると、sdb1以外が修復されたと言うことですか。

 現在は、アレイのステータスとして"State : clean"となっている状態で
すか。
 そうであれば、壊れている可能性のある/dev/sdbを一度チェックしておく
と、安心できると思います。


----------------------------------------------------------------------
河本陽一(こうもとよういち)
mailto:youichi@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2008年1月19日 12:14
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68694
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。