2008年1月14日

[linux-users:107881] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック

こうもとです。

「Yusuke」さんの書かれた、
「[linux-users:107880] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック」についての返事です。

> RAID5デバイスはdegradeですが、activeとなったためmountを試したところ、
> 以下のようにカーネルダンプを吐いて停止してしまいました。

 /proc/mdstatの内容はどうなっていますか。
 /dev/md0がなければ、"mdadm --run /dev/md0"、もしくは"mdadm --run
--force /dev/md0"をやってみてください。


> ファイルシステムはxfsです。super blockが壊れているようなのですが、
> これを復旧すれば良いのでしょうか?

 1ドライブが壊れただけなら、ファイルシステムでの復旧はいらないと思
います。
 書き込み系の作業はまだ行わない方がよいでしょう。
 書き込み中にカーネルパニックになったようなので、ファイルシステムも
おかしくなっている可能性もありますが。

 あと、今回の問題とは違うようですが、以下のスレッドで何かヒントにな
りそうなものはありませんか。
http://lists.debian.or.jp/debian-users/200507/msg00190.html


 ところで、メモリテストを2週ほど流して問題なかったようですが、もっ
と低確率でエラーとなる場合もあるので、今夜寝るときはメモリテストを実
行しっぱなしにしておくと良いでしょう。
#memtest64は知りませんでした。

----------------------------------------------------------------------
河本陽一(こうもとよういち)
mailto:youichi@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2008年1月14日 19:56
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68612
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。