2008年1月14日

[linux-users:107874] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック

こうもとさん

長谷川です。お返事ありがとうございます。

memtest64+ を2周流してみましたが、エラーはありませんでした。

>  あと、メモリチェックが終わった後にでも、以下の情報をください。
>

> # mdadm --detail /dev/md0

こちらですが、ブート時のコンソール出力に以下のようなメッセージが出て、
/dev/md0が作成されていません。

raid5: automatically using best checksumming function: pIII_sse
pIII_sse : 1220.000 MB/sec
raid5: using function: pIII_sse (1220.000 MB/sec)
Loading raid5.ko module
md: raid5 personality registered as nr 4
Loading jbd.ko module
Loading ext3.ko module
md: Autodetecting RAID arrays.
md: autorun ...
md: considering sdc1 ...
md: adding sdc1 ...
md: adding sdb1 ...
md: adding sda1 ...
md: created md0
md: bind<sda1>
md: bind<sdb1>
md: bind<sdc1>
md: running: <sdc1><sdb1><sda1>
md: md0: raid array is not clean -- starting background reconstruction
raid5: device sdc1 operational as raid disk 0
raid5: device sdb1 operational as raid disk 1
raid5: device sda1 operational as raid disk 3
raid5: cannot start dirty degraded array for md0
RAID5 conf printout:
--- rd:4 wd:3 fd:1
disk 0, o:1, dev:sdc1
disk 1, o:1, dev:sdb1
disk 3, o:1, dev:sda1
raid5: failed to run raid set md0
md: pers->run() failed ...
md :do_md_run() returned -22
md: md0 stopped.
md: unbind<sdc1>
md: export_rdev(sdc1)
md: unbind<sdb1>
md: export_rdev(sdb1)
md: unbind<sda1>
md: export_rdev(sda1)
md: ... autorun DONE.


>  /proc/partitionsが存在するのであれば、mdadm.confを以下のようにして
> みてください。
> #デバイス名の指定はなくても良いでしょう。
>
> DEVICE partitions
> ARRAY /dev/md0 level=raid5 num-devices=4 UUID=18f233fa:30924c49:59199e7d:dbbea21a
>
>  これで、つながっているデバイスからアレイが作成されるはずです。

こちらを試してみて、/dev/md0が作成されるかどうかを確かめてみます。


以上、宜しくお願い致します。

----- Original Message -----
Subject: [linux-users:107873] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック
Date: 2008年1月14日 14:58:47 (JST)
From: "河本陽一/いっつ" <youichi@xxxxx>
To: linux-users@xxxxx

> こうもとです。
>
> 「Yusuke」さんの書かれた、
> 「[linux-users:107872] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニッ
> ク」についての返事です。
>
>> Jan 13 13:04:24 zeus kernel: res 50/00:00:be:6e:7a/00:00:00:00:00/e4 Emask 0x1 (device error)
>
>  この行のことですかね。見逃していました。
>  ちょっとググってみましたが、情報は見つかりませんでした。
>  やはり、HDDが物理的に壊れているのかもしれません。
>  後は、ケーブルが抜けかかっているとか。
>
>
>> /dev/sda1 * 1 30401 244196001 fd Linux raid 自動検出
>
>  RAIDパーティションとして設定されているので、デバイスの指定は自動で
> よいと思います。
>
>  /proc/partitionsが存在するのであれば、mdadm.confを以下のようにして
> みてください。
> #デバイス名の指定はなくても良いでしょう。
>
> DEVICE partitions
> ARRAY /dev/md0 level=raid5 num-devices=4 UUID=18f233fa:30924c49:59199e7d:dbbea21a
>
>  これで、つながっているデバイスからアレイが作成されるはずです。
>
>
>  あと、メモリチェックが終わった後にでも、以下の情報をください。
>
> # mdadm --detail /dev/md0
>
>
> ----------------------------------------------------------------------
> 河本陽一(こうもとよういち)
> mailto:youichi@xxxxx
>
>
>

--
===============================
長谷川祐介 <yusuke@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2008年1月14日 16:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68588
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。