2008年1月14日

[linux-users:107866] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック

こうもとです。

「Yusuke」さんの書かれた、
「[linux-users:107864] ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック」についての返事です。

> 4つのディスク(sda1,2,3,4)をmdドライバにてRAID5として構築(/dev/md0)。

 boot.txtをみると、sd[abcd]1ですね。

> Windowsから共有領域へzipファイルを100程度置き、同時に解凍を始めたら
> 全てのLhaPlusが異常終了し、今回の現象が発生しました。

 そのときのログファイル(syslog,messages,kern.logなど)は見ましたか。
 何か原因が出力されているかもしれません。
 また、"mdadm --monitor"が動作していれば、そのときのログがメールで
送られているかもしれません。
 壊れた原因が重要なので、復旧した後でも良いのではっきりさせておいて
ほしいです。


> 障害が発生したRAID5ボリュームを復旧、もしくは可能な限り
> データを吸い出したい。

 データを吸い出すのであれば、問題となるHDDを外せば普通にマウントで
きると思います。
 ただ、冗長構成ではなくなります(当たり前ですが)。
 必要なデータがあるのなら、このときにすべてバックアップしてください。


> 以下のように、/dev/sdb1デバイスがfaltyとなっているようです。
> この状態で/dev/md0をstart(run)し、/dev/sdb1をパリティから
> 復旧させる方法をご教授下さい。

 その/dev/sdbはもう使わない方がよいと思いますが、リスクを承知の上で
使う場合は以下のようにすればつかえそうです。

 まず、/dev/sdb1からアレイの情報を消します。
# mdadm --zero-superblock /dev/sdb1

 次に、アレイから/dev/sdb1の情報を消します。
# mdadm /dev/md0 --remove /dev/sdb1

 その後、既存アレイに追加します。
# mdadm /dev/md0 --add /dev/sdb1

 ただ、/dev/sdb1をそのままアレイに組み直す前に、適当なファイルシス
テムでチェック付きのフォーマットをしてみる方がよいと思います。HDD容
量によってはかなりの時間がかかると思いますが。


----------------------------------------------------------------------
河本陽一(こうもとよういち)
mailto:youichi@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2008年1月14日 10:18
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68581
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。