2008年1月14日

[linux-users:107865] Re: ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック

rescueモードで起動し、/dev/md0の自動マウントをはずして起動したところ、
正常にlinuxが起動しました。

以下のように、/dev/sdb1デバイスがfaltyとなっているようです。
この状態で/dev/md0をstart(run)し、/dev/sdb1をパリティから
復旧させる方法をご教授下さい。

宜しくお願い致します。


[root@xxxxx ~]# mdadm --examine /dev/sda1
/dev/sda1:
Magic : a92b4efc
Version : 00.90.00
UUID : 18f233fa:30924c49:59199e7d:dbbea21a
Creation Time : Wed Jan 25 23:02:50 2006
Raid Level : raid5
Raid Devices : 4
Total Devices : 3
Preferred Minor : 0

Update Time : Sun Jan 13 20:13:25 2008
State : active
Active Devices : 3
Working Devices : 3
Failed Devices : 1
Spare Devices : 0
Checksum : c56a808e - correct
Events : 0.66180609

Layout : left-symmetric
Chunk Size : 64K

Number Major Minor RaidDevice State
this 3 8 1 3 active sync /dev/sda1

0 0 8 49 0 active sync /dev/sdd1
1 1 8 33 1 active sync /dev/sdc1
2 2 0 0 2 faulty removed
3 3 8 1 3 active sync /dev/sda1
[root@xxxxx ~]#
[root@xxxxx ~]#
[root@xxxxx ~]# mdadm --examine /dev/sdb1
/dev/sdb1:
Magic : a92b4efc
Version : 00.90.00
UUID : 18f233fa:30924c49:59199e7d:dbbea21a
Creation Time : Wed Jan 25 23:02:50 2006
Raid Level : raid5
Raid Devices : 4
Total Devices : 4
Preferred Minor : 0

Update Time : Sat Aug 25 12:56:04 2007
State : active
Active Devices : 4
Working Devices : 4
Failed Devices : 0
Spare Devices : 0
Checksum : c4ae01b4 - correct
Events : 0.66035970

Layout : left-symmetric
Chunk Size : 64K

Number Major Minor RaidDevice State
this 2 8 17 2 active sync /dev/sdb1

0 0 8 49 0 active sync /dev/sdd1
1 1 8 33 1 active sync /dev/sdc1
2 2 8 17 2 active sync /dev/sdb1
3 3 8 1 3 active sync /dev/sda1
[root@xxxxx ~]#
[root@xxxxx ~]#
[root@xxxxx ~]# mdadm --examine /dev/sdc1
/dev/sdc1:
Magic : a92b4efc
Version : 00.90.00
UUID : 18f233fa:30924c49:59199e7d:dbbea21a
Creation Time : Wed Jan 25 23:02:50 2006
Raid Level : raid5
Raid Devices : 4
Total Devices : 3
Preferred Minor : 0

Update Time : Sun Jan 13 20:13:25 2008
State : active
Active Devices : 3
Working Devices : 3
Failed Devices : 1
Spare Devices : 0
Checksum : c56a80aa - correct
Events : 0.66180609

Layout : left-symmetric
Chunk Size : 64K

Number Major Minor RaidDevice State
this 1 8 33 1 active sync /dev/sdc1

0 0 8 49 0 active sync /dev/sdd1
1 1 8 33 1 active sync /dev/sdc1
2 2 0 0 2 faulty removed
3 3 8 1 3 active sync /dev/sda1
[root@xxxxx ~]#
[root@xxxxx ~]#
[root@xxxxx ~]# mdadm --examine /dev/sdd1
/dev/sdd1:
Magic : a92b4efc
Version : 00.90.00
UUID : 18f233fa:30924c49:59199e7d:dbbea21a
Creation Time : Wed Jan 25 23:02:50 2006
Raid Level : raid5
Raid Devices : 4
Total Devices : 3
Preferred Minor : 0

Update Time : Sun Jan 13 20:13:25 2008
State : active
Active Devices : 3
Working Devices : 3
Failed Devices : 1
Spare Devices : 0
Checksum : c56a80b8 - correct
Events : 0.66180609

Layout : left-symmetric
Chunk Size : 64K

Number Major Minor RaidDevice State
this 0 8 49 0 active sync /dev/sdd1

0 0 8 49 0 active sync /dev/sdd1
1 1 8 33 1 active sync /dev/sdc1
2 2 0 0 2 faulty removed
3 3 8 1 3 active sync /dev/sda1


----- Original Message -----
Subject: [linux-users:107864] ソフトウェアRAID5の障害によるカーネルパニック
Date: 2008年1月14日 6:12:41 (JST)
From: Yusuke <linux-users@xxxxx>
To: linux-users@xxxxx

> 皆様
>
> 最近質問ばかりしているものです。
> mdドライバを用いたRAID5ボリュームを使っているのですが、
> これが壊れてしまったようでカーネルパニックが起きています。
> 障害復旧の方法をご教授いただけないでしょうか?
>
> ■障害経緯
> 4つのディスク(sda1,2,3,4)をmdドライバにてRAID5として構築(/dev/md0)。
> その領域をmountし、sambaでWindows共有していました。
>
> Windowsから共有領域へzipファイルを100程度置き、同時に解凍を始めたら
> 全てのLhaPlusが異常終了し、今回の現象が発生しました。
>
> ■システムバージョン
> CentOS 4.5 (kernel 2.6.9-55.0.2.ELcustom)
> samba 3.0以上
>
> ■やりたいこと
> 障害が発生したRAID5ボリュームを復旧、もしくは可能な限り
> データを吸い出したい。
>
> ■障害詳細
> ブート時のコンソール出力を添付します。
> また、rescueモードで立ち上げることも可能です。
>
> 以上、どうぞ宜しくお願いいたします。
>
>

--
===============================
長谷川祐介 <yusuke@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2008年1月14日 07:11
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68594
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。