2007年12月 3日

[linux-users:107805] Re: クラッシュ後再起動時のfsck抑制について

>> On Mon, 3 Dec 2007 10:52:35 +0900, "L.Takashi ISHIOKA" <ishioka@xxxxx> said:

L> Reply-to はつけない方が良いし, 新しい話題は返信で始めないように.
>> On Mon, 3 Dec 2007 10:45:10 +0900, Masato Tange <tange@xxxxx> said:

Masato> お世話になっております。
Masato> たんげと申します。

Masato> 開発中のカーネルモジュールに不具合があった場合、
Masato> OS自体がクラッシュしてしまうことが度々あるのですが、
Masato> fsckがかかり再起動に時間がかかってしまいます。

Masato> このような場合、書き込みのないファイルシステムについては、
Masato> fsckの対象から外してもよいと思うのですが可能でしょうか?

L> ext2, ext3 であるなら

L> man tune2fs の -i,-c,-l を参照.

すんません.
これだと umount しないで再起動すると check しちゃうので fstab の
第6フィールドも 0 に.
--
(ishi) これでも駄目なら 起動時のチェックに手を入れる?


投稿者 xml-rpc : 2007年12月 3日 10:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(1)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/67150
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。