2006年7月14日

[linux-users:106759] Re: qmail-remoteが詰まる

こんばんは〜
鈴木です。

| | ps axの表示を見ていた限り、ですが、恐らく60秒よりも長い時間、
| | qmail-remoteプロセスが立ち上がっていたように思えます。
| | ですので、今回の話に限ると、恐らくSMTP接続そのものはできていたの
| | ではないかと考えています。
| | 送信先ドメインのMXレコードは正常に引くことができましたので、送信先

| | サーバは存在し、且つSMTP接続も受け入れたのではないかと推測しています。
| |
| | この推測を検証する方法が何かあるでしょうか。
| | ログを見る限り、あまりそのあたりを読み取ることができないような
| | 感じがしています。
| そうですね。実際に相手のメールサーバの25番ポートに接続してみてはいかがですか?
| # telnet 相手サーバ 25
| で telnet で相手サーバの25番ポートに接続してみて、
| どういう反応が返ってくるかを実際に目で見てみると言うのは如何でしょうか?
| もしかしたら、もっと良い方法があるのかもしれませんが、ちょっと分かりません。

その後、調べたのですがログの情報を元に問題のサーバに対して
実際に qmail-remote を使用して確認してみたらどうでしょうか?
これなら実際に qmail-remote が詰まったときの状況に、
よりちかい状況を再現することが出来ると思ってメールさせていただきました。

/var/qmail/bin/qmail-remote 接続先のサーバ 送信者アドレス 宛先アドレス

qmail-remote について
http://www1.big.or.jp/~mio/it-old/qm/ref/qm_ref_qmail-remote_8.html

コマンドのパスは環境に合わせてください。
接続先サーバ、送信者アドレス、宛先アドレスはログの記録から判別できると思います。
問題の発生はバウンスメールの発信の際なので、この場合の送信者アドレスはバウンスメールの発信者になるのかな。

ちなみに、私が試したSMTPが動いていないインターネット上(ルータを越えた先)の
サーバに試した限りでは、60秒ちょっとで以下のようになりました。

# /var/qmail/bin/qmail-remote xxx.xxx.xxx.xxx 送信元アドレス 宛先アドレス
ZSorry, I wasn't able to establish an SMTP connection. (#4.4.1)

ちなみに、timeoutconnect を作成し、タイムアウト値を20秒に設定して試した場合は
20秒ちょっとで同様に終了しました。

ではでは〜。


投稿者 xml-rpc : 2006年7月14日 18:51
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/39565
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。