2006年7月14日

[linux-users:106752] Re: qmail-remoteが詰まる

則松です。

鈴木様、ご返信ありがとうございます。
確かにご指摘のような動作をしておりました。

> qmail-remote に関する設定ファイルで
> timeoutconnect と timeoutremote を作成して設定すれば状況は改善されるのではないかと思います。
なるほど、なるほど・・・・


> timeoutconnect は、qmail-remote に関する設定ファイルで、SMTP接続開始時に待つ時間を指定しています。
> この設定の時間待ってもSMTP接続が開始出来ない場合は、qmail-remote は相手側ホストが反応しないと判断します。
> デフォルトでは、60秒待ちます。
> これを例として、より30秒とか短い時間に設定してみてはどうでしょうか?

ps axの表示を見ていた限り、ですが、恐らく60秒よりも長い時間、
qmail-remoteプロセスが立ち上がっていたように思えます。
ですので、今回の話に限ると、恐らくSMTP接続そのものはできていたの
ではないかと考えています。
送信先ドメインのMXレコードは正常に引くことができましたので、送信先
サーバは存在し、且つSMTP接続も受け入れたのではないかと推測しています。

この推測を検証する方法が何かあるでしょうか。
ログを見る限り、あまりそのあたりを読み取ることができないような
感じがしています。


> timeoutremote は、SMTP接続時に反応がない場合に、qmail-remote が待つ時間を設定します。
> この設定時間待っても反応がない場合は、qmail-remote はタイムアウトと判断し接続を中止します。
> デフォルトでは、1200秒(20分)待ちます。
> こちらも20分は長すぎると思いますので、より短い時間に設定してみてはどうでしょうか?

恐らく、この設定に引っかかって、詰まっているように見えたのだと
思われます。
確かに、20分は長いですね。私の感覚からすると、数分でもいいのでは
ないかと思ってしまいました。デフォルトが20分というのには、
何かしらの理由があるのかもしれませんね。
少し調べてから、この設定をしてみようと思います。


> | なお、現象そのものは、qmailを停止した後、該当メールをqueueから削除後、
> | qmailを再起動することで解消されました。
> 私も過去に同じ現象に遭遇した際に、同様にqueue を削除して対処しました。
やはりそうですよね。
私の場合、queueの削除には、
http://www.kawa.net/works/qmail/queue-fast.html
のqueue-fast.plを利用させて頂きました。
メールアドレスを直接指定する必要があったのが少々手間(ドメイン指定が
できればいいなぁと思いました)でしたが、非常に有用なプログラムでした。


設定など終わりましたら、また報告させて頂きます。


投稿者 xml-rpc : 2006年7月14日 12:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/39548
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。