2006年4月 4日

[linux-users:106430] Re: [linux-users:106428] 共有メモリ、セマフォの領域変更と起動時の領域確保について?

石川といいます。

On 4/4/06, tanaka wrote:
> お世話になります。
> 全然知らない者ですので、
> 質問が変かもしれませんが、
> 怒らないでください。

いえいえ、全然関係ないことを書かない限りあまり怒る人はいないでしょう。

>
>
> /proc/sys/kernel/shmmax
> を変更するためには
> 一般的にカーネルをコンパイルするものなのでしょうか?
> (カーネルをコンパイルする時のメニューの
> どこかを教えていただければ幸いです。)

違います。
以下の方法があります。
(1) 一時的に変更したい。
一時的に変更するには、root 権限のユーザで以下のように実行します。
(# はプロンプトです。XXXXX は任意の数字)

# echo XXXXX > /proc/sys/kernel/shmmax

(2) 起動直後から設定した値にしたい。
/etc/sysctl.conf に
kernel.shmmax = XXXXX
を追記すると、次回の起動直後から設定した値になります。
また再起動せずに /etc/sysctl.conf の内容をすぐに反映させたい時は、
root 権限のユーザで以下のように実行します。

# sysctl -p

man sysctl とか man sysctl.conf とかすると少し説明があります。

>
> 共有メモリやセマフォを使用するモジュールを
> 起動時にロードすると、共有メモリやセマフォ
> が確保されるものなのでしょうか?
> (ipcs -a で 表示されるのでしょうか?)

違います。
プログラムで明示的に操作する必要があります。
man semop とか man shmat とかしてみてください。

>
>
> プログラムは、起動していないけれども
> 起動時に共有メモリやセマフォを確保する
> 方法はあるのでしょうか?
> (もし方法があったとしても、有益ではないかもしれませんが)

ちょっと確認ですが「起動時に」というのは OS の起動時ということでしょう
か?
↑にもあるように、共有メモリやセマフォはプログラムが意識して操作しない
といけないはずなので、ipcs で確認した時に表示される情報は必ず誰かプロ
グラム(カーネルかもしれないしデーモン君達かもしれない)が確保しているは
ずです。

# こんなんで答になってますでしょうか??

いじょ。

--
-- nobichan


投稿者 xml-rpc : 2006年4月 4日 11:50
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34384
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。