2005年4月19日

[linux-users:104842] Re: ハードディスクのパーティション情報が失われてしまった

楠根です。

Shun Fukuzawa wrote:
> 現在使っているUSDハードディスクのパーティション情報が失われてしまって、
> 困っています。

> fsck.xfs /dev/sdb
> などとやっても、全く回復しませんでした。

こんなことをやってはいけません。

/dev/sdb と /dev/sdb1 ... は全然関係ありません。
/dev/sdb で見えるのは partition table 等ですから、
xfs としては不正なデータになりますし、最悪の場合、
partition table その他の管理データを徹底的に破壊します。

データ破損してしまった可能性がある場合は、
状況をより悪化させないため、
確実に正しいと確信が持てるデータ修正ないし、
確実に原状復帰できるとわかっているデータ変更以外、
書き込みを伴う作業は極力避けるのが原則です。

状況確認方法もよくわからない場合は、
その状況に対応するための方法を確認するまでは、
できれば起動や接続などもせずにそのままにしておくべきです。


さて、「パーティション情報 復旧 Linux」で検索したら
以下の記事がみつかりました。
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/11/10/16.html
BG-Rescue Linux というものがあるようですね。
http://omnibus.uni-freiburg.de/~giannone/rescue/current/

なお、実際には gpart を利用して復旧することになりそうですから、
http://dag.wieers.com/packages/gpart/
を FC2 に入れて使えばいいのかもしれません。


どちらにしろ、復旧作業にはそれなりの知識が必要です。
壊れたデータの修正は失敗すると致命的なので、
十分注意して行なうことをおすすめします。

わからない場合は書き込みを行なわずに状況把握だけ行ない、
わかる人に聞く方がいいかもしれませんし、
素直にバックアップを探した方がよいかもですね。
これを機に一から出直すのもよいでしょう。:)
--
Takeshi Kusune <kusune@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2005年4月19日 11:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/10052
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。