2005年4月14日

[linux-users:104810] HTTP-FUSE KNOPPIX リリース


須崎です。こちらにも宣伝させて下さい。

HTTP-FUSE KNOPPIX を公開しました。
http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/http-fuse/index.html
KNOPPIX Forumへも投稿しました。
http://www.knoppix.net/forum/viewtopic.php?t=18285

-- 特長 ----------------------------
HTTP-FUSE KNOPPIXは6MBのブートイメージで起動するKNOPPIXです。KNOPPIXの

ルートファイルシステム(cloopファイル)はHTTPよりオンデマンドで必要な部
分(分割圧縮ブロックファイル)のみをダウンロードします。ダウンロードした
分割圧縮ブロックファイルは手元のPCにセーブして再利用可能です。つまり、
手元にブロックファイルがある場合、ダウンロードが行われずに起動できます。
積み上げ型(pile-up/stackable)KNOPPIXです。

昨年リリースした SFS-KNOPPIXの問題点を解決しています。SFS-KNOPPIX では、
起動する度にSFS(Self-certifying File System)サーバに繋げてcloop をマウ
ントしてから起動する、つまり同じダウンロードを繰り返す必要がありました。
HTTP-FUSE では、積み上げ型(pile-up/stackable)のため、一度ダウンロード
した分割圧縮ブロックファイルは手元のものを再利用できます。

ダウンロードをHTTPベースにしたしたため、ミラーサーバやプロキシを利用す
ることが出来ます。SFSでは拡張に乏しく、ネットワークの遅延が大きなとこ
ろでは起動が遅い問題がありましたが、近くのミラーやプロキシを見つけられ
れば起動時間の問題も解決できます。現在、WorldWide に普及するべく、
coral プロジェクトのP2Pプロキシ群も利用可能になっています。
coral P2P proxy project http://www.coralcdn.org/
# 残念ながら国内ではcoral proxy がないため遅いですが。

分割圧縮ブロックファイルにしたため、オンデマンドで必要なブロックファイ
ルが取得され、再利用可能です。使わないブロックファイルをダウンロードす
る必要なく、ネットワークトラフィックが削減でき、手元の記憶措置の容量も
小さくてすみます。また、新しいカスタマイズをKNOPPIXをアップロードする
場合にも分割圧縮ブロックファイルのみHTTPサーバに上げればよく、サーバの
容量を抑制できます。

実装では仮想ファイルシステムのFUSEを利用しています。
Filesystem in USErspace http://www.coralcdn.org/
実装詳細は下記URLを見て下さい。
http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/http-fuse/index.html#kaisetsu

------
suzaki


投稿者 xml-rpc : 2005年4月14日 14:54
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/10020
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。