2005年1月22日

[linux-users:104287] RAIDの動作について

うえだと申します。

Redhat Linux 9 にて Software RAID-1 を組んで動かしています。
先日片方の HDD(/dev/hda) がおかしくなったため、/dev/hdc を
/dev/hda にして、/dev/hdc に新しい HDD を入れ復旧させました。
(/dev/hda に新しい HDD をつなげてると起動できなかったため)
復旧直後は、両ドライブが正常に動いているようでした。

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]

read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid hdc7[1] hda7[0]
64741824 blocks [2/2] [UU]

md4 : active raid hdc6[1] hda6[0]
2048192 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid hdc5[1] hda5[0]
5116544 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid hdc3[1] hda3[0]
1020032 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid hdc2[1] hda2[0]
5116608 blocks [2/2] [UU]

md0 : active raid hdc1[1] hda1[0]
104320 blocks [2/2] [UU]

unused devices: <none>

しかし1日経って稼働状況を見ると、

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdc7[1]
64741824 blocks [2/1] [_U]

md4 : active raid1 hdc6[1]
2048192 blocks [2/1] [_U]

md3 : active raid1 hdc5[1]
5116544 blocks [2/1] [_U]

md2 : active raid1 hdc3[1]
1020032 blocks [2/1] [_U]

md1 : active raid1 hdc2[1]
5116608 blocks [2/1] [_U]

md0 : active raid1 hdc1[1]
104320 blocks [2/1] [_U]

unused devices: <none>

と表示され、またしても /dev/hda が正常に稼動していないような感
じになっています。それぞれのパーティションは、

/dev/hda1 => /boot
/dev/hda2 => /
/dev/hda3 => swap
/dev/hda4 => 拡張
/dev/hda5 => /usr/local
/dev/hda6 => /var
/dev/hda7 => /home

となっています。拡張領域(/dev/hda4)以外を RAID にしていますの
で、システム上は下のようになっています。

/dev/md0 => /boot
/dev/md1 => /
/dev/md2 => swap
/dev/md3 => /usr/local
/dev/md4 => /var
/dev/md5 => /home

ちなみに、/etc/raidtab は以下のようになっています。

# cat /etc/raidtab
-----------------------------------------------
raiddev /dev/md0
raid-level 1
nr-raid-disks 2
chunk-size 32
persistent-superblock 1
nr-spare-disks 0
device /dev/hdc1
raid-disk 0
device /dev/hda1
raid-disk 1

raiddev /dev/md1
raid-level 1
nr-raid-disks 2
chunk-size 32
persistent-superblock 1
nr-spare-disks 0
device /dev/hdc2
raid-disk 0
device /dev/hda2
raid-disk 1

raiddev /dev/md2
raid-level 1
nr-raid-disks 2
chunk-size 32
persistent-superblock 1
nr-spare-disks 0
device /dev/hdc3
raid-disk 0
device /dev/hda3
raid-disk 1

raiddev /dev/md3
raid-level 1
nr-raid-disks 2
chunk-size 32
persistent-superblock 1
nr-spare-disks 0
device /dev/hdc5
raid-disk 0
device /dev/hda5
raid-disk 1

raiddev /dev/md4
raid-level 1
nr-raid-disks 2
chunk-size 32
persistent-superblock 1
nr-spare-disks 0
device /dev/hdc6
raid-disk 0
device /dev/hda6
raid-disk 1

raiddev /dev/md5
raid-level 1
nr-raid-disks 2
chunk-size 32
persistent-superblock 1
nr-spare-disks 0
device /dev/hdc7
raid-disk 0
device /dev/hda7
raid-disk 1
-----------------------------------------------

立て続けに両方の HDD が故障するというのは考えにくいので、何ら
かの設定が間違っているのかな?と思いましたが、どこがどう間違っ
ているのか、なぜ /dev/hda ばかり(と言ってもまだ2回目ですが)壊
れるのかが分かりません。
自分なりに WEB で検索してみましたが、成功事例ばかりでこれだ!
というのがなかったのでこちらに質問させてもらいました。
情報提供で不備がありましたらご指摘下さい。
どうぞよろしくお願いします。

--
Kenzi Ueda <knz@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2005年1月22日 12:22
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/9500
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。