2005年1月19日

[linux-users:104276] Re: libtiff のアップグレードについて

7.3 がまだ手元で使われています.

>> On Tue, 18 Jan 2005 15:09:16 +0900, <fure_2001_99@xxxxx> said:

masa> そこでtiff-3.7.1.tar.gzをrh7.3環境下でコンパイルし、既存
masa> のライブラリと置き換えればと思ったのですが、これが正しい

うまくやれば パッケージが壊れてます位で済むでしょうけど, その質問が
でる時点で止めといた方がいいですね.

アップデートがでるまでの緊急避難でわかってやるならいいのですが,
単純に make install なんかしたりすると, (場合によっては)パッケージ
として管理できなくなる場合があります.
# どういうファイルが作成されたり消去されたかが内部情報と一致しなくな
# ることがあるとマズイ.

で, 正しく(?)は security hole を塞ぐpatch を用意して libtiffの
パッケージを作り直す必要があります.

皆さんが どうしているかはわからないのですけれど, 私の場合は
必要なものは(マイ)パッケージで作って置き換えます.
一からやるのは(私には)荷が重いのですが, 今回は既にパッケージが
あるのでそのspecファイル(設計書のようなもの)を参考にして楽をします.
# 自分で作ったパッケージの更新は自分でやる必要があります.
# (yum とか apt での更新はできない. )

RedHat7.3 だと libtiff は 3.5系列が入っていますよね.
fedora core2 用に 3.5.7のパッケージがあるみたいなので
これのsrc.rpm から作るのでもいいかなぁ.

とりあえず 3.5.7 の specファイルを編集して 3.7.1 のパッケージを作って
入れ替えてみましたが手元ではまだ問題を見つけていません.
# rpm -q --whatrequires libtiff で ImageMagick があったので display で
# tiff イメージの save/load をしただけです.
どっちも libtiff.so.3 なのでたぶん大丈夫とは思うんですけど自信はない.
--
(ishi)


投稿者 xml-rpc : 2005年1月19日 10:10
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/9490
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。