2005年1月18日

[linux-users:104257] Re: IDEとSATA HDDの差異吸収方法について、

大村と申します。

念のために使用しているLinuxのディストリビューション及びバージョン
(Redhat Linux 7.3であろうという指摘はありましたが、ご本人は明言されて
いなかったような)、uname -aの結果、lspciもしくはcat /proc/pciの結果なども
提供された方が良いかと思います。

#Redhat Linux 7.3ならばkernel 2.4.18ベースなので、個人的には2.4.27辺りに
#差し替えた方が、SATA対応の面だけ見ても、いいんじゃないかと思いますが。

Ryuichi Kokubo <ryu1@xxxxx> wrote:

> 國母と申します。
>
> 念のため確認していただければと思いますが、
>
> >IDEでは、80GBのHDDを2台で、dd if=/dev/hda of=/dev/hdb bs=4096k
> >を行い、このHDBをHDAに入れ替えて動作させれば、問題なく立ち上がります。
> >SATAでも、dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=4096k
> SATA を SCSI サブシステムとして認識させているのであれば、
> fstab を、/dev/hd* から、/dev/sd* に修正する、または、
> / を grub 等から別に指定する必要があると思いますが、
> それはなさっていますよね?
>
> あとは、実際のpanicメッセージを提供すると、
> 良いアイディアを出してくださる方が現れるかもしれません。
> 國母 隆一 : Ryuichi Kokubo
> mailto:ryu1 "at" cafe.email.ne.jp
>
>

投稿者 xml-rpc : 2005年1月18日 09:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/9471
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。