2005年1月17日

[linux-users:104246] Re: おすすめのディストリビューション

こんにちは、青山です。

On Sat, 15 Jan 2005 20:22:16 +0900
Tolu Kuliyama <tolu@xxxxx> wrote:

> 無料なら debian、vine、suse
> 有料なら redhat suse vine turbo
>
> とか、有名どころで安定してて、いいのではないでしょうか。

あとMiracle Linuxもあります。
もともとOracle稼動用に作られたこともあり、安定性については
問題ないと思います。
# もちろんサポート対象マシンを使用することが前提となります。

サポート期間等についてはRedhatもMiracleも似たり寄ったりですから
(turboはちょっと短い)、必要な機能・サービスやサポート窓口の
使いやすさや価格、ドキュメントの充実度等で比較してみると
よいと思います。

また、MySQLということであればWindows版もありますから、別に
Linuxに限定することもありません。
ちなみにサポート期間(セキュリティパッチ提供等)からすると
Windowsが最も長いです。
例えばRedhat Enterprise 3.0だと新ハードへの対応は2006年4月30日、
バグフィックスについては2006年10月31日で提供終了してしまいます。
(セキュリティパッチは2010年10月31日で終了)

もしサービスもマシンも2〜3年しか稼動しない、ということであれば
このあたりはさほど問題にならないでしょうが、もし5〜6年程度は
稼動する予定なのであれば、ハードの増強や故障によるリプレース等を
想定しておく必要があります。
この場合、マシンの交換時にOSも最新のものにしてしまうという選択肢と、
OSはそのまま継続使用するという選択肢がありますが、Linuxの場合は
3年くらい経ってしまうと後者の選択肢はけっこう厳しくなってきます。
# 自前でカーネル構築するのであれば話は別ですが。

このあたりの、運用・保守あるいはサービス拡張についてちゃんと
予算を組めて適切にマネジメントできそうであれば、上記のような事項は
あまり大したことではないとも考えられますが、もしそこまでの予算や
体制がないのであれば、システムのライフサイクルをちゃんと考慮して
将来起こると想定される事態に予算/体制的に対応可能なのかどうかを
ちゃんと検討した方がよいと思います。

少なくとも、「MySQLだからLinux」というレベルではかなり心許ないと
思うのですが・・。


# まあ仮に「あとのことは知らん。困ったら誰かが何とかするでしょー」
# ということであったとしても、それはそれで否定はしませんが。

--
Hirokazu Aoyama <aoyan@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2005年1月17日 14:25
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/9460
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。