2005年1月15日

[linux-users:104238] Re: [linux-users:104237] Re: IDEと SATA HDDの差異吸収方法について、

柳様

ご連絡ありがとうございました。
>
> おそらくRedHat7.3のことですかね。
そうです。舌足らずでした、、(汗)

> これはIDEからSATAにコピーした時のみに発生しますか?
IDE間、SATA間のボリュームコピーでは、問題なく動作します。例えば、
IDEでは、80GBのHDDを2台で、dd if=/dev/hda of=/dev/hdb bs=4096k

を行い、このHDBをHDAに入れ替えて動作させれば、問題なく立ち上がります。
SATAでも、dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=4096k
でボリュームコピーして、SDBをSDAと入れ替えて、動作させれば問題なく立ち上がり
ます。

> この場合はHDDの規格が違いますし、当然HDDのFirmeWareが違いますので
> Panicを起こすと思います。
そのとうりですね。ただ、ブートストラップ&ローダー部分をうまく乗り切れば、
後は、問題なくうごくのではと思ったのですが、、
>
> 以前、商用のUNIX(HP-UX10.2)で、ddコマンドで他のHDD(同型ですがFirmeの
> Versionが違っていた)
> にコピーしたら、そのシステムはPanicを頻発したと聞いたことがあります。
>
> この場合の正しい(と思う)方法は、面倒でもクリーンインストール後に設定デー
> タ等を
> 移行したほうが良いように思います。
そうですね、今すぐ必要な訳ではないので、色々とトライしてみます。

>
> 以上、参考にならないかも知れませんが。

参考になりました。どうも有り難うございます。

投稿者 xml-rpc : 2005年1月15日 12:10
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/9452
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。